Windows,WindowsUpdate


(ソース:https://support.microsoft.com/en-us/kb/894199)

↑米国現地時間で2/23にKB3035583(Win10関連の糞パッチ)の更新があったようです。

管理人のPCで確認したところ、こちらにはまだ届いておりません。近日来るかもしれませんのでお気をつけくださいませ。それにしてもしつこい。そして気持ち悪い。

こうもしつこくアドウェアの配布が行われると、「いつか他のMS製ソフトでもやるんじゃ?」って思われかねないような気がします。管理人は既に思っています。

Officeを使っていたらピョコーンと

こんな広告がOS上にポップアップされるようになったとしても、突っ込みはするけど驚きはしない。

2016/02/26追記

KB3035583、2016/02/26にWindowsUpdateに来ました。

ソース
InfoWorld
'Get Windows 10' nagware patch KB 3035583 suddenly reappears on Win7/8.1 PCs

Windows,WindowsUpdate


(画像クリックで拡大)

↑Win8.1環境で右クリックメニューがこのような表示になるとか。犯人はKB3123862。

ただ、ソースは中国なので、日本語OSでもこうなるのかは分かりません。もし、このような症状が出た人で、Win10にする気のない人はKB3123862なんていうゴミパッチは窓から投げ捨てましょう。

関連記事
【アプデ】 KB3123862が配信。Win10にアプグレしたくない人には不要

ソース
cnBeta.com
Windows 8.1的KB3123862更新造成开始屏幕右键菜单显示异常

Windows,WindowsUpdate

2016/2/17にWindows8.1向けのパッチが13個配信されました。ざっと見た限り、Windows10へのアップグレード関連のパッチは無い模様。

マニアックなパッチが多く、必要かどうかの判断は難しい気がします。ただ、全部オプションで、セキュリティパッチはありません。現状、特に問題が無いようであれば、スルーして良さそうなパッチが多めですが、入れるかどうかの判断はお任せいたします。

もしかしたら「そういやこの問題、うちにもあったなぁ」というのがあるかもしれませんので、ピンと来たパッチはMSページで詳細を見た方が良いかもしれません。

以下、ざっくりまとめになります。

Windows,WindowsUpdate

される現象が発生し、海外で話題になっている模様。pdfの読み込みがAdobe ReaderからEdgeに変更されたり、その他、デフォルトのアプリに戻されたり。

自分はWin10を使っていないので詳しくは分かりませんが、下記のお方のツイートが回避(復旧?)の参考になるかもしれません。


https://twitter.com/junhiyoh/status/698078272941215744
https://twitter.com/junhiyoh/status/698078952695271424
https://twitter.com/junhiyoh/status/698079657539670016
<↑訂正有>
誤:画像系ppX43hnxtbyyps62jhe9sqpdzxzn1790zetc
正:画像系AppX43hnxtbyyps62jhe9sqpdzxzn1790zetc

https://twitter.com/junhiyoh/status/698079855632515072
https://twitter.com/junhiyoh/status/698080427102203904
https://twitter.com/junhiyoh/status/698081120751976448
https://twitter.com/junhiyoh/status/698081387010654208
https://twitter.com/junhiyoh/status/698082011928354816
https://twitter.com/junhiyoh/status/698082529434206208
https://twitter.com/junhiyoh/status/698082801472532480
https://twitter.com/junhiyoh/status/698083198094352384
https://twitter.com/junhiyoh/status/698083787960287232
https://twitter.com/junhiyoh/status/698084184376549377


割と面倒くさそうです。

ところで、アップデートしたら設定を初期状態に戻す仕様についてですが、MSは度々やらかします。

関連記事
【Win】 悲報 Win10へのアプグレ抑止レジストリをMSが故意に初期化する
【Win10】 Windows10TH2へのアップデート問題
【Win】 Windows Media Playerとさよならしよう

迷惑なのでやめてほしいっすね…

Windows,WindowsUpdate

2016/02/17にWindowsUpdateのオプションに2件のアップデートが来ています。詳細を見ていきましょう。

KB3118401
ユニバーサルCのランタイム。ユニバーサルCで書かれたソフトを使い人はどうぞ。自分の環境では今のところ使うことがないのでスルー。

KB3121255
下記の修正。

<問題1>
Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2008 R2 SP1 でコンピューターがクラッシュし"0x00000024"の停止エラーが表示されます。

<問題2>
Windows Server2012で読み取り専用ボリューム上のファイルをコピーし、COPY_FILE_NO_BUFFERINGオプションとCopyFile関数を呼び出すと、PIデータ・サーバのボリュームシャドウコピーサービス(VSS)バックアップは、"ERROR_INVALID_PARAMETER"エラーメッセージで失敗します。

Windows Server向け?説明を見てもいまいちよく分かりませんが、上記エラーに悩まされている人向けでしょうか。自分の環境ではエラーに悩んでいないのでこちらもスルー。

追記
この記事はWindows7向けになります。Windows8.1向けはこちらへどうぞ。

Windows,WindowsUpdate

Win10関連のパッチのKB2952664/KB2976978の挙動について、ネット上の情報や、メッセージから情報提供いただきましたプチまとめです。

勝手にインストールされたり、アンインストールが不可能になる明確な原因は未だに分かりませんが、何かしらのヒントになりましたら幸いです。

KB2952664 (Win7用)
・常に非表示していたにも関わらず2016/2/10の日付でインストールされていた。
・チェックを外して非表示にしているにも関わらず、2月度のアップデート後に混入確認。
・24時間稼動のPCにいつの間にかインストールされていた。WU時のみ稼動させているサブPCには未混入。いずれも2016年2月度のアップデートを行っていない状態。

備考:KB2952664は1回のアンインストールでは消えない場合があります。そのときはしつこく(数回~数十回)アンインストールを繰り返し、一覧に表示されなくなったあとに再起動をすれば削除可能。

KB2976978 (Win8.1用)
・アンインストールの選択が出来なくなっていた。
・一度はアンインストールが可能なものの、二度目以降、アンインストールの選択が不可能に。
・アンインストールが不可能になるとコマンドプロンプトからwusaで行っても超速で終了し、コマンド自体がスキップされているような現象になる。
・選択していないにも関わらず2/9に勝手にインストール。2/12にアンインストール後、インストール済み一覧にKB2976978は無し。
・2月度のアップデートの内、KB3126041のみ適用していない状態で、この時点ではKB2976978の侵入形跡は無し。2/14にKB3126041をインストール、再起動後、KB2976978の混入確認。アンインストールが可能だったため、アンインストール。その後、インストール済み一覧にKB2976978は無し。
・二度目のアンインストールが不可能だったため、システムの復元から2/10以前に戻したものの、やはり二度目のアンインストールは不可能。

備考:KB2976978はアンインストール出来ない場合もあれば、アンインストール出来る場合もあるようです。アンインストール後、一覧に表示されなければ成功のようですが、一覧に表示された場合、そこでアンインストールの選択が出来なくなる模様。選択が出来なくなったあとのアンインストール手段は今のところ不明。

2017/3/27追記
KB2976978は 「MSのサイトから落とせるISOには最初からKB2976978入り」 という理由で消せないことが判明しました。

関連記事
【アプデ】 Win10アプグレ関連のKB2976978、アンインストール自体不可能になる
【アプデ】 KB2952664を入れないようにしても勝手に入る?
【アプデ】 KB2952664/KB2976978のゾンビ化が流行している模様
【アプデ】 Windows Update 2016年2月度 注意事項と各KBメモ

Windows,WindowsUpdate

2月に配信されたKB3114717(Office2013用パッチ)がインストールされた環境で32bit版のWord2013を使うと、CPU負荷が100%まで上昇し、まともにタイピングが出来なくなる場合があるそうです。

報告によると「.docx」を編集時のみこの症状が発生する人もいれば、「.doc」「.docx」の両方で発生する人もいるようです。

この不具合はWindows7、8.1、10で発生し、対処方法はKB3114717のアンインストールになります。同様の不具合にお悩みの方はKB3114717のアンインストールをお試しくださいませ。

ソース
InfoWorld
Office 2013 patch KB 3114717 freezes 32-bit Word 2013 on Win 7, 8.1, 10