【GPU】 コア性能はGTX 1050 Ti以上、メモリ性能は3/4、GTX 1050 3GBのゲームパフォーマンス

GeForce

t

GTX 1050 3GBのゲームベンチマークが公開されました。まずは、サクッとスペックを振り返ってみましょう。

 GTX 1050 Ti 4GBGTX 1050 3GBGTX 1050 2GB
CUDA768768640
ベースクロック
(MHz)
129013921354
ブーストクロック
(MHz)
139215181455
メモリスピード7 Gbps7 Gbps7 Gbps
メモリサイズ4 GB
GDDR5
3 GB
GDDR5
2 GB
GDDR5
メモリバス128-bit96-bit128-bit
帯域幅
(GB/s)
11284112

(Source:NVIDIA)

GTX 1050 3GBのCUDA数はGTX 1050 Tiと同じ768 CUDAで、クロックに関してはGTX 1050 Tiを上回っています。しかし、メモリバスは96-bitで帯域幅は84 GB/sと、GTX 1050 Ti / 1050 2GBの3/4の速度しか出ていません。

この仕様だとどういったゲームパフォーマンスになるのか、結果がこちら!


(Source:Guru3D)

GTX 1050 2GB以上、GTX 1050 Ti未満という結果となりました。グレード的には順当なものですが、GTX 1050 Ti以上のコア性能を活かしきれず、メモリ部分の遅さがボトルネックとなっていることが窺えます。

DDR4版GT 1030でも感じましたが、メモリ速度の大切さがよくわかりますね!