KB5001330 / KB5000842等の適用でゲームがカクつくなどの不具合 [Update 2]

WindowsUpdate

WindowsUpdate

2021年4月14日に公開・配信されたWindows10 バージョン20H2 / 2004用セキュリティ更新プログラムKB5001330、または、2021年3月30日の20H2 / 2004用プレビューリリースKB5000842をインストールすると、ゲームのパフォーマンスが悪化するとの不具合報告が複数件出ています。

更新履歴
① Microsoftはこの不具合を認め、Known Issue Rollbackで自動的に修正することを発表しました。その旨加筆、および記事を改訂。 [2021/4/24]
② 2021年4月29日公開のプレビューリリースKB5001391でも発生する旨を加筆。 [2021/5/1] [New]

不具合概要: KB5001330 / KB5000842等の適用後、ゲームパフォーマンスが悪化

ユーザーによる不具合報告

  • 今回のアップデートを適用してから、私のRTX 3070 / Ryzen R5 3600環境でスタッター(カクつき)がすごく発生するようになりました。更新プログラムをアンインストールすることで直りました。
  • 私もKB5001330を適用すると同じ症状が出ます。この不具合はプレビューリリースのKB5000842から発生していました。
  • これまで、V-Syncを有効にしているとOverwatchで安定して60 fpsに張り付いていました。しかしKB5000842をインストールしてからはフレームレートが55~60 fps、場合によっては40~45 fpsへと低下します。KB5000842をアンインストールすると60 fpsに張り付きに戻ります。確認のため、もう一度KB5000842をインストールしてみましたが、やはりフレームレートが低下します。この不具合はOverwatchに限らず、他のゲームでも同様に起こります。 [RTX 2070 SUPER / Core i7-9700]
  • KB5001330をインストールしてからゲームパフォーマンスが大幅に低下しました。Call of Dury: Cold WarとWarzoneのフレームレートが1 fpsに落ち込みます。100 fpsではなく、1 fpsです。 [RTX 3080 / Ryzen 9 5900X]
  • 私も4月のWindowsUpdateとGeForceドライバのインストール以降、パフォーマンスの悪化が起こっています。Windowsも遅くなりました。 [RTX 2060]

上記報告はRedditに寄せられており、一部のユーザーがKB5001330 / KB5000842等の適用によってゲームパフォーマンスの悪化を訴えています。

KIRで修正 [2021/5/1] [New]

Miocrosoftはこの不具合を認め、既知の不具合に追加すると共に、Known Issue Rollback (KIR / 更新プログラムをアンインストールしなくても問題の部分だけをロールバックできる機能)を使用して修正することを発表しました。

この不具合にお困りの場合は、該当の更新プログラムがインストールされたままでも、放っておいても最大で24時間以内に自動的に修正されます。PCを再起動すると、早く修正される場合があります。

KIRが適用されたかどうか確認する方法は以下の記事をご覧ください。

  KB5001391 / KB5001330等のゲームパフォーマンス低下問題が修正されているか調べる方法

Microsoftによると、この不具合は、主にマルチモニター環境でゲームをフルスクリーンやボーダーレスウィンドウで実行している場合に発生するとのことです。また、この不具合はKB5000842以降をインストールしている環境で発生します。

2021年5月1日時点でこの不具合を抱えているのは以下の更新プログラムになります。