PCゲーム全般,ハードウェア全般

ゲームをプレイしていてキーバインドを変更したいと思ったことは誰しもあるでしょう。大抵のゲームはキーバインドの変更が行えます。しかし、ゲームによっては特定のキーが変更できなかったり、そもそもキーバインドの変更に対応していないなんてことも稀にあります。

そういった場合に無理矢理にでもキーバインドを行う方法を2パターンご紹介。

ハードウェア全般,雑記

2017年4月に破産したゲーミングデバイスメーカーのMad Catzですが、経営陣を新たにして復活しました。CES 2018では新しいR.A.T.マウス、S.T.R.I.K.E.キーボード、F.R.E.Q.ヘッドセットなど、複数の新製品を発表予定とのことです。 

Mad Catzファンには朗報ですね!

ハードウェア全般


(Source:https://gaming.kinesis-ergo.com/fsedge/)

Kinesisはマクロキーを搭載したスプリットキーボード『Freestyle Edge』を発表しました。この手のキーボードでマクロキー付きというのは珍しいですね! 設置例やマクロの使い方を紹介した動画も公開されています。

お値段はキーボード本体が219ドル、他にアクセサリが2点あって、

キーボードを斜めにするためのLift Kitが24.95ドル、

専用のパームパッドが12ドルとなっています。

現在、先行予約を受け付けており発送は2017年11月下旬とのこと。なお、日本への発送が可能かはわかりません。興味ございましたら下記の公式サイトへどうぞ!

 Freestyle Edge Split Gaming Keyboard - Kinesis Gaming
 https://gaming.kinesis-ergo.com/fsedge/

ハードウェア全般,雑記


(Source:Mad Catz Makes Voluntary Assignment in Bankruptcy under the Bankruptcy and Insolvency Act (Canada))

<ザックリ意訳>
Mad Catz Interactiveは破産法の規定に従って、2017年3月30日付けで破産した。また、取締役および役員全員が同日に辞任を発表した。


上記内容がGlobe Newswireにて報じられました。Mad Catzというと

変形したりミニキーボードを取り付けられたりする変態コントローラなどが印象的でした。

同社からは2017年3月10日にRAT 8などの新製品を国内でも販売開始しましたが、操業はすでに停止していて、今後のサポートがどうなるかについては明らかになっていません。

< Update 1: 国内サポートは継続 >

(Source:https://twitter.com/Attasa/status/848163029145460736)

製品の国内サポートは輸入元の株式会社アタッサが継続するとのこと。

ハードウェア全般

・GTX1080Ti登場時期の噂

CESとは関係ありませんが、GTX1080Tiの登場時期に関する噂が出ております。海外メディアのWCCF TECHによると

<ザックリ意訳>
NVIDIA AIBの従業員によると 「2017年3月10~12日に行われるPAX EastでGTX1080Tiが展示される」 とのことだ。

だそうです。本当かどうかは定かではありませんので噂ということで一つ。

2017/3/1追記
GTX 1080 Tiのスペックなどが公式発表されました。

・中国のゲーム周辺機器メーカーAULAの左手キーボード

(Source:AULA Unveils Special Gaming Keyboard for FPS Gaming, and a Condensed Keyboard)

SHIFTキーの位置が致命的な気が……。キーコンフィグで変えれば良いだけの話ではありますが……。

・『Engine 27』の10mm厚さアップ版『Engine 37』


(Source:The Stragglers – Coolermaster, Thermaltake and Lian Li)

ファンをヒートシンクにした『Engine 27』から10mm厚くなった『Engine 37』が発表されました。発売日やお値段はまだ不明ですが、大きくなったことにより冷却性能の向上が期待されます。『Engine 27』はTDP70Wまでに対応していましたが、『Engine 37』でどれくらいになるんでしょうね!

関連記事
【CES】 CES2017ぷちまとめ&記事リンク Part.7
【CES】 CES2017ぷちまとめ&記事リンク Part.6
【CES】 CES2017ぷちまとめ&記事リンク Part.5
【CES】 CES2017ぷちまとめ&記事リンク Part.4
【CES】 CES2017ぷちまとめ&記事リンク Part.3
【CES】 CES2017ぷちまとめ&記事リンク Part.2
【CES】 CES2017ぷちまとめ&記事リンク Part.1

Windows

寝ながらPCを使っていて、微妙にキー操作をしたいときのために、オフトゥン横にキーボードを置いているのですが、長文ならまだしも数文字程度のキー操作のためにキーボードを取り出すのが億劫です。

ということでごろ寝トラボ+スクリーンキーボードです。↓このスクリーンキーボードがすごい。


(ソース:http://www2k.biglobe.ne.jp/~araken/skey.htm)

「自由定義可能画面キーボード」というフリーソフトでございます。

パッと見、普通のスクリーンキーボードですが、その名のとおり自由に定義ができます。どういうことかと申しますと、定義ファイルの「SKEYDEF.INI」をいじることで