Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 20.1.4公開

RADEON

Radeon Software

『Warcraft III: Reforged』『Journey to the Savage Planet』に最適化したRadeon Software Adrenalin 2020 Edition 20.1.4ドライバが公開されました。リリースノートによると、以下の不具合が修正されています。


[ 修正された不具合 ]
・Red Dead Redemption 2(Vulkan)をプレイ中、一部の地形でブロック状のテクスチャが発生する不具合。
・一部のVulkan APIゲームで、Radeon Image Sharpening有効時、タスクを切り替えるとゲームがクラッシュまたはハングする不具合。
・一部の言語でテキストがオーバーフローする不具合。
・Radeon Softwareを開いていると、Radeon ReLiveでデスクトップの録画の切り替えに失敗する不具合。
・Grand Theft Auto5の起動時、Radeon Overlayを開いたり、タスクの切り替えを行ったりするとシステムがハングしたり画面が黒くなる不具合。
・Radeon ReLiveで録画された動画の終わり付近で、音が断続的に消える不具合。
・一部のWindows7環境でInteger Scalingオプションが表示されなかったり使用できない不具合。


ダウンロードは以下のリンクよりどうぞ。

AMD
Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 20.1.4