Microsoft、どうしてもEdgeを使わせたい。ゴリ押しがうざすぎる件 [Update 1: 非表示方法を加筆]

WindowsUpdate

Chromium版Microsoft Edge

Microsoftは、どうしてもユーザーにMicrosoft Edgeを使わせたいようです。

Windows10の『設定』を開くと、以下のような表示がされる場合があります。

設定に表示される謎の案内

『Windows をよりいっそう活用できるようになります』と書かれており、なんのこっちゃと思って『始めましょう』をクリックすると、

 

デバイスのセットアップを完了しましょう

『デバイスのセットアップを完了しましょう』と表示されて、『続行』を押すと、

 

既定のブラウザをMicrosoft Edgeへと変更を促す表示
既定のブラウザをMicrosoft Edgeへと変更を促す表示。結構です……。

既定のブラウザをMicrosoft Edgeへと変更を促す表示が出ます。なんのことはありません、Microsoft Edgeの広告です。この広告は既定のブラウザをChromeやFirefoxなどにしていると表示されるようです。

他にも、『設定』 → 『アプリ』 → 『既定のアプリ』から別のブラウザを既定のブラウザにしようとすると、

変更を阻止しようとする案内

『Microsoft Edge をお試しください。Windows 10 のために生まれた、まったく新しい高速なアプリです。』と表示されて、変更を考え直すよう言われます。う、うざすぎる……。

Microsoftは、これまでにもEdgeを使わせようと様々なうざい試みをしてきました。自社製ブラウザを使わせたくて仕方ないようですが、本当に良いものであればこんなことをしなくても自然とユーザーが増えます。むしろ、こういうところが逆効果になっているまでありえます。Microsoftには、こういった煩わしい行いは控えてもらいたいものです。

なお、これらの広告や通知を恒久的に表示させたくない場合は、『設定』 → 『システム』 → 『通知とアクション』へと進んで、

『Windows を最大限活用するためのデバイスの設定の完了方法を提案する』のチェックを外す

  • 『新機能とおすすめを確認するために、更新の後と、サインイン時にときどき、[Windows へようこそ] の情報を表示する』
  • 『Windows を最大限活用するためのデバイスの設定の完了方法を提案する』
  • 『Windows を使う上でのヒントやお勧めの方法を取得する』

のチェックを外せば表示されなくなります。うざいと感じたら外しておきましょう。