Internet Explorer 11は2022年6月16日にサポート終了。Microsoftが再告知

ブラウザ

Internet Explorer 11は日本時間で2022年6月16日にサポート終了

Microsoftは、Windows10 Pro / HomeにおけるInternet Explorer 11(以下、IE11)のサポートが、日本時間で2022年6月16日(現地時間で6月15日)に終了となることを再度告知しました。

IE11が2022年6月16日にサポート終了となるのは、2021年5月にすでにアナウンス済みですが、終了日が近づいてきたため、今一度、アナウンスされました。

2022年6月16日にサポート終了となるのは以下のプラットフォーム。

◆IE11サポート終了対象製品
・Windows10 クライアントSKU (20H2以降)
・Windows10 IoT (20H2以降)

逆にサポート終了の対象外で、引き続きサポートが継続されるのは以下のプラットフォーム。

◆IE11サポート終了の対象外
・Microsoft EdgeのInternet Explorerモード
・WebOCを含むInternet Explorerプラットフォーム (MSHTML/Trident)
・以下のOSで動作するInternet Explorer 11
 Windows8.1
 Windows7 ESU
 Windows10 Server SAC (全バージョン)
 Windows10 IoT LTSC (全バージョン)
 Windows10 Server LTSC (全バージョン)
 Windows10 クライアント LTSC (全バージョン)

サポート終了後にIE11を使おうとすると、Microsoft Edgeにリダイレクトされるようになります。もし、IE11でしか正常に動作しないようなWebサイトやIEベースのレガシーアプリ等は、Microsoft EdgeのInternet Explorerモードを使用することで、引き続き利用できるとされています。Internet Explorerモードの使い方はこちらの記事をご覧ください。

なお、Microsoft EdgeのInternet Explorerモードは、現時点では少なくとも2029年までサポートが予定されています。

Posted by にっち