Gigabyte、Z590マザーボードの発売日を発表

マザーボード

Gigabyte Z590 AORUS MASTER

Gigabyte Japanは、同社製Z590マザーボード2製品の国内発売日を発表しました。

Gigabyte Z590 AORUS MASTER

Gigabyte Z590 AORUS MASTERGigabyte Z590 AORUS MASTER

Z590 AORUS MASTER』はZ590チップセットを搭載したATXフォームファクタマザーボードの最上位モデル。

電源回路に18+1デジタルSmart Power Stage電源フェーズ設計を採用。ストレージはM.2スロット x3 (PCIe 4.0 x1、PCIe 3.0 x2) / SATA 3.0 (6Gbps) x6。ネットワークは有線がAquantia 10GbE LAN、無線がIntel Wi-Fi 6E AX210 2.4Gbps。CPUはIntel第10世代(Comet Lake-S)および第11世代(Rocket Lake-S)をサポート。

ALC1220 + ESS SABRE 9118 DACとWIMA音響コンデンサによる高品質オーディオを搭載し、S/PDIF出力に対応。このほか、DDR4-5000 XMPへの対応や、M.2 Thermal Guard IIによるM.2 SSDのサーマルスロットリングの防止を特徴としています。

Gigabyte Z590 AORUS MASTER

発売日は2021年2月12日。市場想定価格は税込58,000円前後。

Gigabyte Z590 UD AC

Z590 UD ACZ590 UD AC

Z590 UD AC』はZ590チップセットATXフォームファクタマザーボードのコストパフォーマンスモデル。

電源回路に12+1デジタル電源フェーズ設計を採用。ストレージはM.2スロット x3 (PCIe 4.0 x1、PCIe 3.0 x2) / SATA 3.0 (6Gbps) x5。ネットワークは有線がRealtek 2.5GbE LAN、無線がIntel Wi-Fi AC 9462 433Mbps。CPUはIntel第10世代(Comet Lake-S)および第11世代(Rocket Lake-S)をサポート。

こちらも発売日は2021年2月12日で、市場想定価格は税込25,000円前後。