GDDR6版GeForce GTX 1650のベンチマーク公開。コアクロックが低くてもGDDR5版より高パフォーマンス [Update 1: 国内販売価格を加筆]

GeForce

Zotac GeForce GTX 1650 4GD6

中国語圏メディアのExpreviewによりGDDR6版GeForce GTX 1650の各種ベンチマークが公開されました。

更新履歴
① 国内販売価格を加筆。

テスト環境

 

Zotac
GTX 1
650 4GD6
(GDDR6)

Gigabyte
GTX 1650 GAMING OC
(GDDR5)
GTX 1650
GDDR6版
(リファレンススペック)
GTX 1650
GDDR5版
(リファレンススペック)
CUDA896896896896
VRAM4GB
GDDR6
4GB
GDDR5
4GB
GDDR6
4GB
GDDR5
Boost
Clock
(MHz)

1,620

1,8151,5901,665
Memory
Clock
(Gbps)
12
8128

比較に使用されたのはZotac GTX 1650 4GD6(GDDR6)とGigabyte GTX 1650 GAMING OC(GDDR5)。前者は最大コアクロック1,620MHzと低いもののGDDR6、後者は最大コアクロック1,815MHzと高いもののGDDR5となっています。

この2枚のカードを比較テストした結果が以下。

ベンチマークリザルト

GeForce GTX 1650 - GDDR6 vs. GDDR5

コアクロックの低いGDDR6版GTX 1650の方がハイパフォーマンスという結果となりました。Expreviewによると、最小2%、最大12%のゲームパフォーマンスの増加が見られたとのことです。

販売価格

GeForce GTX 1650 GDDR6版の国内での市場想定価格は税抜18,980円、税込20,878円前後。2020年4月3日より発売開始とのことです。

Amazon
玄人志向 NVIDIA GeForce GTX 1650 GDDR6
玄人志向 NVIDIA GeForce GTX1650搭載 グラフィックボード GDDR6 4GB デュアルファンモデル GF-GTX1650D6-E4GB