Rocket Lake-SのストレージパフォーマンスはRyzen 5000シリーズよりも優れている。Intelが発表

CPU

Intel Core i9

Intelは、第11世代CoreとなるRocket Lake-Sのストレージパフォーマンスは、AMD Ryzen 5000シリーズプラットフォームよりも優れていることを発表しました。

Intelによると、CPU接続でM.2 NVMe SSDを使用すると、Core i9-11900Kプラットフォームは、Ryzen 9 5950Xプラットフォームよりも11%高いストレージパフォーマンスを有するとのこと。

テスト環境Core i9-11900KRyzen 9 5950X
マザーボードASUS Z590 ROG Maximus XIII HeroASUS X570 ROG Rampage VIII Hero
メモリ32GB (4x8GB) DDR4-320032GB (4x8GB) DDR4-3200
OSドライブIntel SSD 760p 512GBIntel SSD 760p 512GB
テストドライブGen 4 Samsung 980 Pro 1TBGen 4 Samsung 980 Pro 1TB

ストレージパフォーマンス - Core i9-11900K vs. Ryzen 9 5950X
ストレージパフォーマンス - Core i9-11900K vs. Ryzen 9 5950X

テストに使用されたストレージはSamsung 980 Pro。PCIe x16スロットにライザーカードを取り付けてCPU接続で使用。ベンチマークはPCMark 10で行われました。

上記スライドが示すとおり、Ryzen 9 5950Xプラットフォームを1.00とするなら、Core i9-11900Kプラットフォームは1.11のパフォーマンスが出ることをIntelはアピールしています。