【アプデ/10】 日本語IMEを使うとローカルアカウントが作成できない不具合発生。対処方法あり [Update 4: 全バージョンで修正完了]

Win10チューニング, WindowsUpdate

WindowsUpdate

2019年9月11日以降に配信されたWindowsUpdateが適用されたWindows10環境で、新規にPCをセットアップ時、日本語IME(および中国語、韓国語IME)を有効にしているとローカルアカウントが作成できない場合がある不具合が発生していました。

本不具合は2019年12月11日および2020年1月24日に公開された更新プログラムにより、全バージョンのWindows10で修正されました。不具合にお困りの際は以下の修正KB(またはそれ以降のKB)を適用することで修正されます。

Win10
バージョン
不具合発生KB 修正KB 不具合内容
v1909 KB4524570
(2019年11月13日公開)
KB4530684
(2019年12月11日公開)

【不具合概要】
不具合発生KB適用環境で新規にPCをセットアップ時、日本語IME(および中国語、韓国語IME)を有効にしているとローカルアカウントが作成できない場合があります。


【回避策】
① 左記の修正KB(またはそれ以降のKB)を適用する。

② なんらかの理由により修正KBの適用を見送っている場合は、ローカルアカウント作成時に日本語IMEを使用せずに英語で入力し、必要ならローカルアカウント作成後に日本語へ変更するか、あるいはMicrosoftアカウントを使用することでも回避できます。

v1903 KB4524570
(2019年11月13日公開)
KB4522355
(2019年10月25日公開)
KB4517389
(2019年10月9日公開)
KB4524147
(2019年10月4日公開)
KB4517211
(2019年9月25日公開)
KB4522016
(2019年9月24日公開)
KB4515384
(2019年9月11日公開)
KB4530684
(2019年12月11日公開)
v1809

KB4534273
(2020年1月15日公開)
KB4530715
(2019年12月11日公開)
KB4523205
(2019年11月13日公開)
KB4520062
(2019年10月16日公開)
KB4519338
(2019年10月9日公開)
KB4524148
(2019年10月4日公開)
KB4516077
(2019年9月25日公開)
KB4522015
(2019年9月24日公開)
KB4512578
(2019年9月11日公開)

KB4534321
(2020年1月24日公開)

v1803

KB4534293
(2020年1月15日公開)
KB4530717
(2019年12月11日公開)
KB4525237
(2019年11月13日公開)
KB4519978
(2019年10月16日公開)
KB4520008
(2019年10月9日公開)
KB4524149
(2019年10月4日公開)
KB4516045
(2019年9月25日公開)
KB4522014
(2019年9月24日公開)
KB4516058
(2019年9月11日公開)

KB4534308
(2020年1月24日公開)

v1709

KB4534276
(2020年1月15日公開)
KB4530714
(2019年12月11日公開)
KB4525241
(2019年11月13日公開)
KB4520006
(2019年10月16日公開)
KB4520004
(2019年10月9日公開)
KB4524150
(2019年10月4日公開)
KB4516071
(2019年9月25日公開)
KB4522012
(2019年9月24日公開)
KB4516066
(2019年9月11日公開)

KB4534318
(2020年1月24日公開)

v1703

- -

v1607

- -
v1507 - -
更新履歴
① 2019年11月13日公開分のKBを不具合発生KBに加筆。
② 2019年12月11日公開分のKBを加筆。v1903とv1909が修正。他は不具合継続。
③ 2020年1月15日公開分のKBを加筆。v1709、v1803、v1809は未だ不具合継続。
④ 2020年1月24日公開分のKBを加筆。これにより全てのバージョンで修正完了となりました。それに伴い本文を加筆・修正。