【CPU/マザボ】 MSIの300 / 400マザーボードにRYZEN 3000シリーズ対応BIOSを適用する際の注意点

CPU, マザーボード

MSIはRYZEN 3000シリーズに対応した300 / 400マザーボード用のベータBIOSを公開しました。しかし、BIOS用ROMの容量が少なく、容量節約のためにいくつか仕様変更されているので注意が必要です。

以下、変更点になります。

① 容量節約のためUIが簡素化される

< 左: ベータBIOS適用後のUI / 右: ベータBIOS適用前のUI >

上記左のようにUIが簡素化されます。簡素化されても、A-XMP、M-Flash、Smart Fan ControlなどのMSI独自機能は使用できるとのことです。

② AthlonやAシリーズが非対応になる

以下のように非対応になるCPUがあります。

③ 2019年7月時点でのベータBIOSではRAIDが使えない

RAIDが使えなくなるので要注意です。既にRAIDでシステムを組んでいる場合はお気をつけください。その場合はアップデートしないようにとMSIは案内しています。

より詳細な情報や続報はMSIのページにてご確認くださいませ。