【SSD】 QLC NAND採用『Samsung SSD 860 QVO』の大きなファイルの書き込み速度はどんなもんなのか

SSD

各所でQLC NANDを採用した『Samsung SSD 860 QVO』のレビューが一斉に公開されました。詳細は下記のレビューリンクへどうぞ!

で、ここで気になってくるのが書き込み速度。TLCから書き込み途中で減速する現象が顕著に現れており、CrystalDiskMarkはあまり参考にならなくなっています。詳細は下記の関連記事をご覧くださいませ。

ということでQLCの書き込み速度はどんなもんなのでしょうか。結果がこちら!



860 QVO 4TBの場合、78GBまでキャッシュが効いて高速書き込みを保てていますが、78GB以降は160MB/sにまで落ち込んでいます。そして860 QVO 1TBの場合は、

キャッシュが効くのは42GBまでで、それ以降は80MB/sと激遅になってしまいます。

なかなかにきつい数値なものの、キャッシュ容量は大きめのため、大体のシチュエーションでは大丈夫そうな気がします。しかし、動画編集などでキャッシュ領域を使い切るようなハードな使い方を考えている場合には要注意です。

QLC SSDはまだ出たばかりなので、書き込み速度が低下しないQLC SSDの登場は今後に期待ですね。

以下、余談です。意外なのはTBW。QLCになったことでどれだけ耐久性が削られるのか心配でしたが、

 860 QVO 1TB860 QVO 2TB860 QVO 4TB
TBW360TBW720TBW1440TBW
メーカー想定価格(税別)149.99ドル299.99ドル599.99ドル

全然悪くありません。これだけあれば十分でしょう。

お値段に関しては国内価格がまだ未定ですが、このまま日本円換算すると、860 QVO 1TBが税込18,000円、860 QVO 2TBが税込37,000円ほど。もしこの価格で販売されるなら、より高性能なSanDisk Ultra 3D 1TBが税込17,300円、WD Blue 3D 2TBが税込38,800円で買えてしまうため(2018年11月29日時点)、迷わずそちらを選択することをおすすめいたします。

少なくともSanDisk Ultra 3D / WD Blue 3Dより安い国内価格での登場を期待したいですね。

Amazon

SanDisk 内蔵SSD 2.5インチ / 1TB / SSD Ultra 3D / SATA3.0 / 5年保証 / SDSSDH3-1T00-J25

WD 内蔵SSD 2.5インチ / 2TB / WD Blue 3D / SATA3.0 / 5年保証 / WDS200T2B0A

SSD

Posted by にっち