【GPU】 Radeon Software Crimson ReLive 17.11.1公開

RADEON

Call of Duty: WWIIに最適化されたRadeon Software Crimson ReLive 17.11.1ドライバが公開されました。このバージョンでは下記のサポートが含まれています。

  • Call of Duty: WWII
    RX Vega 64で17.10.3 (2560x1440)から最大5%のパフォーマンスアップ
  • AMD XConnect Technology
    RX Vega 56シリーズのサポート

リリースノートによると、下記の不具合の修正が施されています。


・DX11やOpenGLアプリを初回実行時にアプリがクラッシュする問題
・アプリケーションタスクを切り替えるとハングやアプリがクラッシュする問題
・WattManを初期設定に戻しても初期設定に戻らない問題
・Oculus Dashがハングする問題
・Bezel Compensationが正常に機能しない問題
・Radeon設定のマルチGPUプロファイルページで表示がおかしくなる問題
・Tom Clancy's Ghost Recon: WildlandsでAnisotropic Filtering (AF)が有効になっていると表示がおかしくなる問題
・Middle-earth: Shadow of WarをマルチGPUでプレイすると表示がおかしくなる問題
・スリープ中にXConnextのdGPUが切断されると、再検出されない問題
・Radeon Softwareをアンインストール中に一部のプリンタなどのデバイスも削除されてしまう問題


ダウンロードは下記サイトからどうぞ。

 Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.11.1
 http://support.amd.com/en-us/kb-articles/Pages/Radeon-Software-Crimson-ReLive-Edition-17.11.1-Release-Notes.aspx