【GPU】 SK hynixのHBM2はまだ大々的に販売開始していない

GPU,RADEON

前回のあらすじ。SK hynixのHBM2は遅れに遅れまくっている。

2016年Q3

2016年Q3のデータブックには、2016年Q3には利用可能であると記されています。

2016年Q4

しかし、2016年Q4ではTBDになりました。

2017年Q1

そして2017年1月の更新で2017年Q1になりました。

そんなSK hynixですが、データブックが新たに更新されました。そこには



2017年Q2(4~6月)と記載されていました。また伸びています。どうにも歩留まりが酷いご様子。

RADEON RX VegaはSK Hynix製のHBM2を使うのか、それともSamsung製のを使うのかは判明していませんが、もし、SK hynix製のを使うのであれば、少しでも取れたチップを優先してAMDに回しているでしょうから他への販売が遅れに遅れまくっているといったところでしょうか。

そして、SK hynix製を使うのであれば、HBM2の供給量が原因でRADEON RX Vegaの出荷数が少なくなるという噂もあながち間違いではないのかもしれません。

余談ですが、Fury XなどのFiji世代ではSK Hynix製のHBMが使用されていました。今回も使用されている可能性は十分にありえるでしょう。