【Windows11】 WindowsUpdate 2024年7月 不具合情報 - セキュリティ更新プログラム KB5040442 / KB5040435 [Update 2]

WindowsUpdate

Windows11 - WindowsUpdate

2024年7月10日にWindowsUpdateに配信されたWindows11 22H2 / 23H2用セキュリティ更新プログラムKB5040442、24H2用KB5040435の不具合情報およびその回避策・解決策です。

更新履歴 [記事初公開日: 2024/7/10]
① Windows11 24H2用KB5040435の情報を加筆。 [2024/7/11]
② Windows Update Agent API (WUA)に関する既知の不具合を加筆。 [2024/7/16] [New]

Windows11 22H2 / 23H2用セキュリティ更新プログラム: KB5040442

基本情報

KB5040442はWindows11 バージョン22H2 / 23H2用のセキュリティアップデートを含む累積更新プログラムです。この更新プログラムを適用することで脆弱性が修正されます。

▼更新プログラムのハイライト・修正された脆弱性や不具合

  • Windowsの脆弱性を修正
  • タスクバーが正常に機能しなくなる不具合を修正。この不具合は、『Windows の機能の有効化または無効化』で『メディア機能』を無効(オフ)している環境、または、Windows Nエディションで発生していました
  • 仮想化環境において、OSが起動しなくなって再起動ループに陥る不具合を修正
  • Windowsインストーラーがアプリケーションを修復するとき、ユーザーアカウント制御(UAC)は資格情報の入力を要求しませんが、この更新プログラムをインストールすると、UACが資格情報の入力を要求するようになります。無効にするには、レジストリ『HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Installer\DisableLUAInRepair』の値を『1』にしてください
  • Remote Desktop MultiPoint Serverが応答しなくなる不具合を修正
  • Remote Authentication Dial-In User Service (RADIUS)プロトコルの不具合を修正。不具合はMD5の衝突に関連しています。詳細はこちらのページをご覧ください
  • KB5040442には、2024年6月26日に配信されたプレビューリリースKB5039302の内容が含まれています

不具合情報

KB5040442には以下の既知の不具合があります。

既知の不具合
不具合概要回避策

2024年4月10日にWindows Updateに配信されたWindows11用セキュリティ更新プログラムKB5036893以降をインストールすると、Windows11 ProからWindows11 Enterpriseサブスクリプションへのアップグレードに失敗する場合があります。

詳細は以下の記事参照。
Windows11 ProからEnterpriseへのアップグレードに失敗する不具合

Microsoftはこの不具合の対処方法や回避策を案内していません。強いて言うなら、KB5036893までの当該更新プログラムを全部アンインストールするくらいしかありません。 Microsoftは本不具合の解決に取り組んでおり、今後数週間以内に修正を予定しています。

[New]

2024年6月26日に配信されたプレビューリリースKB5039302以降の更新プログラムをインストールすると、スクリプト(PowerShellやVBScriptなど)からWindows Update Agent API (WUA)を使用してWindows Updateを検索した際に、エラーコード0x8002802B (TYPE_E_ELEMENTNOTFOUND)が表示される場合があります。

詳細は以下の記事参照。
Windows Update Agent APIに不具合。KB5039302 / KB5040442をインストールしたWindows11にて発生

この不具合は、Known Issue Rollback (KIR / 更新プログラムをアンインストールしなくても問題の部分だけをロールバックできる機能)を使用して修正されます。

一般的なPC環境や、企業や組織に管理されていないPC環境の場合、放っておいても最大で24時間以内に自動的に修正されます。この修正を自動的に受け取るためには、一度PCを再起動してください。

企業や組織等で管理されているPCでは、以下の特別なグループポリシーをインストールして設定することで解決できます。設定方法は左記のリンク先をご覧ください。

Windows11 24H2用セキュリティ更新プログラム: KB5040435

基本情報

KB50404435はWindows11 バージョン24H2用(現時点ではCopilot+ PCのみ)のセキュリティアップデートを含む累積更新プログラムです。この更新プログラムを適用することで脆弱性が修正されます。

▼更新プログラムのハイライト・修正された脆弱性や不具合

  • Windowsの脆弱性を修正
  • Windowsインストーラーがアプリケーションを修復するとき、ユーザーアカウント制御(UAC)は資格情報の入力を要求しませんが、この更新プログラムをインストールすると、UACが資格情報の入力を要求するようになります。無効にするには、レジストリ『HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Installer\DisableLUAInRepair』の値を『1』にしてください
  • Remote Authentication Dial-In User Service (RADIUS)プロトコルの不具合を修正。不具合はMD5の衝突に関連しています。詳細はこちらのページをご覧ください
  • KB5040435には、2024年6月29日に配信されたプレビューリリースKB5039304の内容が含まれています

不具合情報

KB5040435には以下の既知の不具合があります。

既知の不具合
不具合概要回避策

ARM CPU環境において、Microsoft StoreからRobloxをダウンロードしてプレイできません。

ARM CPU環境の方は、RobloxのWebサイトから直接ダウンロードすることでプレイできます