Windows10 v2004でIMEの変換候補がスクロールバーに被る不具合。回避策あり

WindowsUpdate

IMEの変換候補がスクロールバーに被る不具合

Windows10 v2004 May 2020 Updateを適用後、スクロールバーを表示させる設定にしていると、IMEの変換候補がスクロールバーに被るという不具合が発生しています。

変換候補がスクロールバーに被る

設定 - 簡単操作

上記画像のように『設定』 → 『簡単操作』で『Windows のスクロール バーを自動的に非表示にする』のチェックがオフになっていると、IMEで漢字変換した際、9行目がスクロールバーと被って視認性が悪くなります。

変換候補にスクロールバーが被る

こんな風に。

この不具合の回避方法は、『Windows のスクロール バーを自動的に非表示にする』を『オン』にしてスクロールバーを非表示にするか、スクロールバーを表示しておきたい場合は、以下の手順で以前のバージョンのIMEを使用することで回避できます。

『設定の検索』に「日本語 IME の設定」と入力

『設定』 → 『設定の検索』に「日本語 IME の設定」と入力して『日本語 IME の設定』を開く。

 

『全般』を選択

『全般』を選択。

 

『以前のバージョンの Microsoft IME を使う』をオンに変更

 一番下の『以前のバージョンの Microsoft IME を使う』をオンに変更する。

 

変換候補がちゃんと表示される

これで変換候補が4列の大きなものから1列の小さなものになって、スクロールバーが被るといったことはなくなります。お疲れ様でした。

関連記事
Windows10 v2004 May 2020 Updateの不具合情報等の記事一覧