CPU


(Source:ComputerBase)

Cannon Lake Core i3-8121UのCPUダイが公開されました。パッケージ全体は45mm x 24mmで左側CPUダイの大きさは71mm²となり、その隣のチップセットはわずか47mm²とのことです。 「ん? チップセット?」 って思うかもしれませんが、右隣のダイはGPUではなくチップセットだそうです。

また、i3-8121UにはiGPUが搭載されていないと言われており、iGPUなしでCPUとチップセットがワンパッケージという珍しい構成になっています。

CPU

Intelは10nm世代のCannon Lakeとなる『i3-8121U』をIntel ARKに追加しました。

スペックは2C/4T、ベースクロック2.2GHz、ターボクロック3.2GHz、TDP15W。モバイル向けのプロセッサですが、iGPUについては記載されていません。

i3-8121Uを搭載したノートPC『Lenovo IdeaPad 330 15ICN』が中国市場では既に販売されており、そのページにはdGPUとしてRADEON RX 540が搭載されている旨が書かれています。

これらのことから、i3-8121UにiGPUは未搭載との見方が海外メディア各所でされています。モバイル向けでiGPU未搭載というのは珍しいですね。

突如として登場したCannon Lakeですが、Intelは過去に 「2017年末までに少量の10nm製品を出荷する」 と述べていたため、今回のi3-8121Uがその少量の製品なのかもしれません。

CPU

Intelは2018年第1四半期(1~3月)の決算報告10nm製品の遅れを発表しました。2017年10月末には 「2018年後半には多くの10nm製品が利用可能になる」 と伝えられていましたが、大量生産は2019年へと変更されました。遅れの原因については伝えられていません。

CPU

Intel Rapid Storage Technologyドライバのリリースノートに下記の記述が見つかりました。

CFLはCoffee Lake、CNLはCannon Lakeで、X399はX299に続くチップセットとなります。つまり、IntelはCoffee LakeかCannon Lake、あるいは両方でHEDT CPUを計画しているようです。

Intel自らが公開していることと、上記のリストにはZ390も掲載されていることから、そう遠くないうちにIntelから発表があるかもしれません。

CPU


(Source:下代Core i7-9700K具備8核心、16線程)

<ザックリ意訳>
台湾のマザーボードメーカーによると、第9世代のIntel Coreプロセッサはi7が8C16T、i5が6C12T、i3が4C8Tになる。これらは2018年後半にCannon Lakeとして登場するという。


上記内容が中国語圏メディアのHKEPCにて報じられました。

Intelの8C16TメインストリームCPUについては以前から2018年後半に登場するという噂が出ていました。その8C16T CPUのアーキテクチャについては『Ice Lakeで出る説』と『Coffee Lakeで出る説』があり、情報が錯綜していますが、今回の報道で『Cannon Lakeで出る説』が浮上してより一層錯綜してまいりました/(^o^)\

はたして、8C16TメインストリームCPUはどのアーキテクチャで真っ先に登場するのでしょうか。

2018/10/09追記
Intelが正式に8C16TとなるCore i9-9900K、他を発表しました。詳細は下記の記事をご覧くださいませ。

CPU

2017年10月26日、Intelのブライアン・クルザニッチCEOは2017年第3四半期(7~9月)の決算報告で、10nm世代について下記のように言及しました。

ブライアン・クルザニッチ
我々は2017年末までに少量の10nm製品を出荷する予定です。2018年後半には多くの10nm製品が利用可能になるでしょう。

同氏は2017年1月のCES 2017でも10nm世代となるCannon Lakeは 「2017年中に出荷予定」 と述べており、今回、再度明言した形となります。

しかし、最初は少量しか出荷されないため、海外メディアのLiliputingでは 「実際に入手できるようになるのは2018年中頃になるかもしれない」 といった予想もされています。

CPU


(Source:TECH POWER UP / AnandTech)

IntelはCoffee Lakeから、全コアに掛かるターボクロックの公表を廃止しました。公開されるターボブーストのクロックは、1コアに掛かる最大クロックのみとなります。

理由は 「ターボクロックはシステム構成や作業負荷に依存するため」 としていますが、より詳細な説明はされていません。つまるところ、今後、1コアターボクロック以外は保証されなくなり、CPUの品質によっては全コアや2コア以上に掛かるターボクロックに差異が生じてくる可能性が懸念されます。

しかし、実際のところ、AnandTechの調査によると

Coffee Lakeでは前情報どおり上記のターボブースト結果を得たとのことです。

また、他のレビューや報告などを見ても 「この個体は6コアTB4.2GHzまでしか上がらない」 や 「うちの個体は6コア4.5GHzまでいった!」 といったような、CPUの個体差でターボクロックが変わったという報告は見かけないため、Coffee Lakeに関しては上記のリストで間違いなさそうです。
(Enhanced Multi-Core Performanceでの全コア4.7GHzブーストは除く。というかこちらはCPUの個体差ではなくマザボ制御でのお話)

Coffee Lakeではあまり考える必要もなさそうですが、Cannon LakeやIce Lakeでは最悪『TBおみくじ』なんてことになるのかもしれません/(^o^)\ はたして、Cannon LakeやIce Lakeでもターボブーストの仕様は個体差に影響なく保たれ続けるのでしょうか……。