Radeon RX 5600 XTの仕様をASRockがうっかりお漏らし

RADEON

AMD Radeon

ASRockのWebページにて、Radeon RX 5600 XTの各種仕様が掲載されました。それがこちら。

RX 5600 XT仕様1

RX 5600 XT仕様2

注目点は『Stream Processors』。なんと、RX 5700と同じ2304SPとされています。比較すると以下のようになります。

 RX 5700RX 5600 XTRX 5500 XT
SP2,3042,3041,408
Base Clock
(MHz)
1,4651,2351,607
Game Clock
(MHz)
1,6251,4601,717
Boost Clock
(MHz)
1,7251,6201,845
VRAM
(GDDR6)
8GB6GB4GB
or
8GB
Memory Bus
(bit)
256192128
Memory Clock
(Gbps)
141214
※RX 5600 XTはASRock Radeon RX 5600 XT Challenger D 6G OCベース(リファレンスクロックではありません)

RX 5600 XTのSP数はRX 5700と同じながら、コアクロックおよびVRAMの容量・クロックが低くなっています。上記RX 5600 XTはASRockのOCモデルでのクロックのため、リファレンスクロックはもう一回り低いクロックになるでしょう。

SP数がRX 5700と同じとなると、RX 5600 XTとRX 5500 XTとの間を埋めるRX 5600(無印)も出てきそうですね。

なお、2019年12月30日AM02:00時点ではASRock Radeon RX 5600 XT Challenger D 6G OCのページは削除されています。誤って公開してしまったのでしょう。

2020/1/7追記
CES 2020にてRadeon RX 5700 XTが発表されました。詳細は下記の記事をご覧くださいませ。