Microsoft、2021年4月にEdge LegacyをWindows10上から削除

WindowsUpdate

Chromium版Microsoft Edge

Microsoftは、EdgeHTMLベースのMicrosoft Edge(以下、Edge Legacy)をWindows10上から削除することを発表しました。

Edge Legacyは日本時間で2021年3月10日にサポートが終了となり、2021年4月14日のWindowsUpdateで配信されるセキュリティアップデートにて、ChromiumベースのMicrosoft Edge(以下、Edge Chromium)へと置き換えられます。

すでにEdge Chromiumがインストールされている場合は、Edge Legacyの削除のみが行われます。

また、2021年3月に配信予定のプレビューリリースにもこの置き換え・削除は実装されており、プレビューリリースを適用することで4月のセキュリティアップデートを待たずに早々に削除することも可能です。