Rocket Lake-Sは新アーキテクチャを採用か。IPCの向上が期待される

CPU

Intel Processor

GeekbenchにES版Rocket Lake-Sのリザルトが掲載されました。それがこちら。

Rocket Lake-S ES

ベンチマークスコアはiGPU (32EU / 256SP)のもので6266ポイント。Rocket Lake-Sに搭載されているiGPUはGen12と記されており、これはXeアーキテクチャとなりますが、Core i7-10700K (Intel UHD 630 (24EU / 192SP))の6360ポイントよりも若干低いスコアとなっています。ES版ゆえか、まだ性能は発揮できていないようです。

プロセッサーのスペックは8C16T、ベースクロック3.2GHz、ターボクロック4.3GHz。そして注目点はキャッシュ構成にあります。

 L1 InstructionL1 DataL2
Skylake32KB32KB256KB
Ice Lake
(Sunny Cove)
32KB48KB512KB
Rocket Lake32KB48KB512KB
Tiger Lake
(Willow Cove)
32KB48KB1.25MB

このキャッシュ構成はこれまでのSkylake系とは違って、Ice Lakeと同じになっています。このことから、Rocket Lake-SではこれまでのSkylakeアーキテクチャとは異なり、新たなアーキテクチャ(Sunny Coveまたはそれに類する何か)の採用が予想されます。

新アーキテクチャとなるなら、長らく停滞していたIPCの向上も期待したいところですが、はたしてどうなるでしょうか。

2020/10/30追記
Rocket Lake-Sの詳細が発表されました。詳細は以下の記事をご覧くださいませ。

  Intel、Rocket Lake-Sの詳細を発表!IPCは2桁%向上