Gigabyte、GDDR6を採用したGeForce GTX 1650を発表

GeForce

GTX 1650 D6 WINDFORCE OC 4G (GV-N1656WF2OC-4GD)

GigabyteはGDDR6を採用したGeForce GTX 1650を発表しました。

新たにラインナップに加わったのはGTX 1650 D6 WINDFORCE OC 4G (GV-N1656WF2OC-4GD)およびGeForce GTX 1650 D6 OC 4G (GV-N1656OC-4GD)の2製品。

GTX 1650 D6 WINDFORCE OC 4G (GV-N1656WF2OC-4GD)

GTX 1650 D6 WINDFORCE OC 4G (GV-N1656WF2OC-4GD)

GeForce GTX 1650 D6 OC 4G (GV-N1656OC-4GD)

GeForce GTX 1650 D6 OC 4G (GV-N1656OC-4GD)

スペック

 GTX 1650 D6
WINDFORCE OC 4G

(GV-N1656WF2OC-4GD)
GTX 1650 D6 OC 4G
(GV-N1656OC-4GD)
GTX 1650
GDDR6版
リファレンス
スペック
GTX 1650
CUDA896896896896
VRAM4GB
GDDR6
4GB
GDDR6
4GB
GDDR6
4GB
GDDR5
Boost
Clock
(MHz)
1,710
1,6351,5901,665
Memory
Clock
(Gbps)
12
12128

通常のGeForce GTX 1650と比較すると、GDDR6版はメモリクロックが12Gbps (12,000MHz )となっています。ただ、Gigabyteによると、GDDR6版リファレンススペックのブーストクロックは1,590MHzとなっており、GDDR5版よりも低いコアクロックが設定されている模様です。

発売日や販売価格

発売日や販売価格、国内展開などのアナウンスはまだありません。2020年4月2日時点では中国語のGigabyteサイトでのみ製品ページが公開されています。

GDDR6版GeForce GTX 1650は2020年2月4日にEECへの登録が確認されており、今後、Gigabyteだけに限らず、他のメーカーからも続々と発表されるでしょう。

2020/4/3追記

GDDR6版GeForce GTX 1650の各種ベンチマークが公開されました。詳細は下記の記事をご覧くださいませ。