Google Chromeがクラッシュする不具合。対処方法あり [Update 2]

ブラウザ

Chrome Issue

2021年5月21日頃からGoogle Chromeがクラッシュする不具合が発生しています。

更新履歴
① 記事を大幅に改訂。『原因と対処方法』の回避策で完全に直るはずです。 [2021/5/22]
② Googleが対処方法を発表しました。その旨加筆、記事を改訂。 [2021/5/22] [New]

不具合概要

Google Chromeを使用しているとクラッシュしたり、Chromeの起動時にクラッシュしてまともに動作しなくなる場合があります。ツイッターでは多数のクラッシュ報告が出ており、阿鼻叫喚なことになっています。

ツイッターにChromeのクラッシュ報告が溢れる

原因と対処方法

原因

Chromeのコンポーネント『Origin Trials』のバージョンが1.0.0.7の場合、Chromeのクラッシュが発生します。アドレスバーに『chrome://components』と入力して、『Origin Trials』のバージョンが1.0.0.6または1.0.0.8だとこの不具合は発生しませんのでご安心ください。(クラッシュする環境では確認できません) また、1.0.0.7は撤回されて2021年5月22日AM06:00時点で降ってこなくなっています。

対処方法

Chromeのクラッシュにお困りの場合、Googleは以下の方法を試すよう案内しています。

< Google公式の対処方法: Windows >
1. Chromeを起動している場合、一旦全部終了します。
2. Chromeを起動します。
3. クラッシュしてもそのままの状態で5分間放置します。
 (『Origin Trials』が自動的に1.0.0.8へとアップデートされます)
4. 5分経ったらChromeを閉じて、再び起動します。

< Google公式の対処方法: Linux >
1. 『.config/google-chrome/OriginTrials』の『1.0.0.7』ディレクトリを削除します。
2. 『.config/google-chrome/』の『Local State』ファイルを削除してChromeを起動します。

これで不具合は修正されて、正常に動作するようになります。

Posted by にっち