【CPU/マザボ】 THREADRIPPER 3000シリーズには2種類のプラットフォームがある?

CPU,マザーボード

海外メディアのGamersNexusがTHREADRIPPER 3000シリーズの一部仕様をリークしました。それがこちら。

 sTRX4 HEDTsWRX8 Workstation
ComputeTBD cores/threadsTBD cores/threads
512KB L2 Cache per core512KB L2 Cache per core
TBD L3 CacheTBD L3 Cache
Memory4-channel DDR4, ECC 3200MT/s8-channel DDR4, ECC 3200MT/s
UDIMMUDIMM, RDIMM, LRDIMM
2 DIMMs/channel1 DIMM/channel
256GB/channel capacity256GB/channel capacity
OC supportNo OC support
Integrated IO64 lanes of PCI Express Gen4
16 switchable lanes with SATA
96-128 lanes PCIe 4
32 switchable to SATA
UART, USB, eSPI, SPI, LPC, I2CUART, USB, eSPI, SPI, LPC, I2C

上記内容は業界の情報筋より受け取ったTHREADRIPPER 3000シリーズ用マザーボードのヒートシンク設計に関する文書に掲載されていたとのこと。この内容が本当だとすれば、Zen 2世代のTHREADRIPPERシリーズはHEDT、Workstationの2種類のプラットフォームが用意されるようです。