【マザボ】 BIOSTARのマイニング向けマザーボード『TB250-BTC PRO』に感じるこだわり

マザーボード


(Source:BIOSTAR)

BIOSTARはマイニング向けマザーボード『TB250-BTC PRO』を発表しました。このマザーボードの特徴はなんといっても

PCIeを12スロット備えているところでしょう。しかし、それだけでなく、このスロットの配置にもこだわりが感じられます。

ASRockからも



PCIeを13スロット備えたマザーボード『H110 Pro BTC+』がCOMPUTEX 2017で発表されましたが、BIOSTARによると


(左:BIOSTAR / 右:ASRock)

スロット間の幅が狭いASRockの構造は、ショートの危険性があることを主張しています。

↓はCOMPUTEX 2017で展示されたASRockの『H110 Pro BTC+』ですが、

たしかにこの幅だとちょっとした揺れでお隣にコツンとしてしまいそうです。

使用する人のことを考えて、スロットの配置にもこだわった『TB250-BTC PRO』ですが、米Amazonでは2017年7月6日に$214.99で発売予定、日本国内では価格は不明ですが7月中に発売予定となっています。

[スペックシート]

Amazon
BIOSTAR ULTRA PRO CRYPTO-MINING マザーボード TB250-BTC PRO