【HDD】 Seagate 7mm厚2.5インチ2TB HDD『ST2000LM015』レビュー

HDD

Seagateの7mm厚2.5インチ2TB HDD『ST2000LM015』を購入したので軽くレビューを。デスクトップで使用するため、3.5インチHDDを買おうと思っていたのですが、3.5インチと比較して2.5インチはどんなもんなのか気になったのでこちらを購入。

そのため、デスクトップでの使用視点になります。2.5インチHDDのデスクトップ使用は有なのか。まずは温度から。



室温24度のバラック状態で起動直後、CrystalDiskInfo読みで29度、しばらくすると33度で安定。その後、約30分間、SSDからファイルをコピペし続けたら37度まで上がりました。別段気になる温度ではありませんね。

次にベンチマーク。

s2

CrystalDiskMarkのスコアは5400rpmの中では良い方だと思われます。実際にSSDからHDDへ、適当にファイル郡をコピペしてみると、

 ST2000LM015 2.5インチHDD 5400rpm
 約10GB:2分22秒
 約46GB:14分14秒
 
 DT01ACA200 3.5インチHDD 7200rpm
 約10GB:1分42秒
 約46GB:8分38秒

コピー開始窓が表示されて消えるまで、3.5インチとはこれくらいの時間差でした。それぞれPC起動直後のコピペで時間を取っています。10GB程度なら 「まぁこんなもんかな」 って感じでしたが、大きな容量のコピペになってくると結構時間差が出ました。

次に騒音に関してですが、明確な数値が出せないため主観になることをご了承くださいませ。また、個体差もあるため一概に全てがこうであるとも言い切れません。

3.5インチHDD(DT01ACA200)と比較してですが、シーク音はどっちも大して変わらないという印象でした。しかし、共振や音が床を伝う原因となる低音/低振動は圧倒的に少なかったです。3.5インチHDDが10とするなら、ST2000LM015は2、SSDが0といった具合でした。

あと、回転音の 「シャアアアア」 という高音域もST2000LM015の方が少なかったです。こちらは体感半分くらいでした。

以下、ザックリまとめです。

 メリット
 ・低音/低振動が圧倒的に少ない
 ・回転音の高音域も少ない

 デメリット
 ・3.5インチHDDより遅い速度
 ・3.5インチHDDより高い値段

速度や容量、価格を考えるとデスクトップで使うなら間違いなく3.5インチHDDがジャスティス。しかし、データドライブ用途などでなるべく高音や低音、振動を増やしたくない場合は2.5インチHDDという選択肢も案外悪くないかもしれません。

Amazon
Seagate 内蔵ハードディスク 2.5インチ 2TB ゲームユーザー向け BarraCuda 2.5( SATA 6Gb/s / 5400rpm /2年保証 )正規代理店品 ST2000LM015

HDD

Posted by にっち