【CPU】 RYZEN 5 1400 (4C8T) $169 vs i5-7400 (4C4T) $182 ゲームパフォーマンス対決

CPU,PCゲーム全般

RYZEN 5 1400(4C8T) MSRP $169 vs i5-7400(4C4T) MSRP $182という、ミドルレンジ帯でお値段の近いCPUでの↑ゲームパフォーマンス対決動画が公開されました。

結果から言えば1400は定格のままだとボロ負けでした。しかしながら、RYZENシリーズの強みは全CPUでOCが可能なところ。3.8GHzまでOCした場合、8タイトル中4タイトルが1400@3.8GHzの勝ちという結果に。

Intelはその地力を見せつけ、RYZENはOCによるブーストとIntelより安い価格設定を売りにし、この動画を見たかぎりではミドルレンジ帯での対決は甲乙の付け難い接戦を繰り広げています。

 【動画タイムテーブル】
 00:00 スペック紹介 (1400 3.2GHz & OC3.8GHz / DDR4 8GB 2667MHz / RX 480)
 01:18 Battlefield 1 DX12 7400の勝ち
 04:03 Fallout 4 7400の勝ち
 04:51 GTA 5 7400の勝ち
 06:49 Hitman DX12 1400OCの勝ち
 07:39 Just Cause 3 ランダム性が強いが静かになってからのFPSを見るに7400の勝ちと言える
 08:06 Assassin's Creed Unity 1400OCの勝ち
 08:57 The Witcher 3 出だしは7400が勝っているがすぐに逆転し1400OCの勝ちと言える
 10:02 Rise Of The Tomb Raider DX12 1400OCの勝ち

まとめると

i5-7400
 ⇒ 何もせずに強い。ただしこれ以上何も(OC)できない。
RYZEN 5 1400
 ⇒ 7400に勝つにはOCが前提になる。RYZEN最適化パッチによってはさらに化ける可能性も。

こんな感じでしょうか。