【SSD】 Optane Memoryはゲーマーにとって有か無しか [Update 1: 販売価格が判明したので価格を修正]

PCゲーム全般,SSD

現時点では最大32GBとなるため、ストレージというよりキャッシュという使い方になってしまうOptane Memoryですが、ゲーマー勢には有なのか、無しなのか。

Intelが提唱するゲーム用途でキャッシュとして使用した図が↓こちら。



(Source:http://www.4gamer.net/games/999/G999902/20170327072/)

いかがでしょうか。 「おお、すげー!」 なんて思ったら騙されています。よく見てください、これ、HDD vs HDD+Optane Memoryという図です。前提条件がそもそもおかしいんです。ロード時間を短縮したいなら、まずSSDを使えって話です。

そしてロード時間の話をするならSSDを使って比較すべきでしょう。それができていない時点で『IntelはSSDとの比較を載せたくない』という意図が伝わってきます。

実際のところゲームにおいては

↑M.2 SSD vs SATA SSDでもロード時間に大した差は無く、SSD vs RAMDISK先生との対決でも大した差は無いので、SSD vs SSD+Optane Memory(あるいはSSD vs Optane Memory)でもあまり期待はできないでしょう。

お値段ですが、ANAND TECHによると


(Source:Intel Launches Optane Memory M.2 Cache SSDs For Consumer Market)

16GBで$44、32GBモデルで$77となる模様。日本だと32GBモデルで税込1万円前後といったところでしょうか。TLCの2.5インチSSDなら240GBが購入できますね。

ということで結論、現状のOptane Memoryの容量と値段を考えると、ロード時間短縮目的のゲーマーならSSDを買った方が幸せになれる。

おしまい。

関連記事
【ゲーム】 SSDより10倍以上速いストレージでのロード時間

Amazon
キングストン Kingston SSD 240GB 2.5インチ SATA3 TLC NAND採用 Now UV400 3年保証 SUV400S37/240G