Windows11 22H2 / 21H2のサポート終了が迫る。Microsoftが注意喚起

WindowsUpdate

Windows11 - WindowsUpdate

Microsoftは、Windows11 バージョン22H2および21H2のサポート終了が近づいていることをアナウンスしました。

2024年10月8日(現地時間。日本時間で10月9日)をもって、以下のエディションとバージョンがサポート終了となります。

▼コンシューマー向け

  • Windows11 Home バージョン22H2
  • Windows11 Pro バージョン22H2

▼企業・組織向け

  • Windows11 Enterprise バージョン21H2
  • Windows11 IoT Enterprise バージョン21H2
  • Windows11 Education バージョン21H2

日本時間で2024年10月9日AM2時に配信されるWindowsUpdateを最後に、上記エディション・バージョンにはセキュリティ更新プログラムが配信されなくなります。

そのため、企業・組織で管理されていないPCは、サポート終了後が近づくと自動的に後継バージョン(コンシューマー向けはWindows11 23H2、企業・組織向けはWindows11 22H2以降)が配信されるようになっています。

サポートが終了するとセキュリティ更新プログラムが配信されなくなるため、セキュリティを維持するためにも、なるべく早く後継バージョンへとアップデートすることが推奨されます。

Windows11

Posted by にっち