さらに高クロックな16C32T ES版Zen 3 Ryzen

CPU

AMD Ryzen Processor

先日、ブーストクロック4.8GHzのES版Zen 3 Ryzenのコードネームがリークされましたが、さらに高クロックなコードネームがドイツメディアのigor’sLABによりリークされました。それがこちら。

100-000000061-06_49/37_Y

このサンプルのコア数は16C32T。コードネームの後ろ『49/37』はブーストクロック/ベースクロックを表しており、ベース3.7GHz、ブースト4.9GHzということがわかります。

AMDコードネーム早見表 (注:2017年の初代Zen世代の資料)

既存の16C32TプロセッサーとなるRyzen 9 3950Xはベース3.6GHz、ブースト4.7GHzとなっており、これもよりもベース・ブーストが200MHz高くなっています。16C32Tという多コアながら、しっかりとクロックを伸ばしてきています。

もちろん、これはES版のため、最終的な仕様がどうなるかは定かではありませんが、製品版でも高クロックでの登場に期待が持てます。

 コア/
スレッド
ベース
(GHz)
ブースト
(GHz)
ES版Zen 3 Ryzen
100-000000061-06_49/37_Y16C32T3.74.9
100-000000059-52_48/35_Y16C32T3.54.8
100-000000059-14_46/37_Y
100-000000059-15_46/37_N
16C32T3.74.6
Zen 2 Ryzen
Ryzen 9 3950X16C32T3.54.7

Zen3

Posted by にっち