【CPU】 THREADRIPPERのPCIeレーンの仕組み

CPU

THREADRIPPERのPCIeレーン数は64レーンと非常に多くなっています。一体どういう仕組みでこんなにも多くのレーン数を備えているのか。その答えがこちら。


(Source:AMD Ryzen Threadripper - technikalia [AKTUALIZACJA])

これは分かりやすい。1ダイにつき32レーンを備えており、それが振り分けられているようです。

余談ですが、4ダイが封入されているEPYCでは128レーンとなります。そこまでPCIeレーンを使うかどうかはさておき、ダイが増えればレーン数も増えるこの仕組みは○コイチ仕様の強みになりそうですね。

関連記事
【CPU】 THREADRIPPER 1950Xの各種ベンチマーク公開 その2
【CPU】 THREADRIPPER 1950Xの各種ベンチマーク公開 その1 超簡易版

TSUKUMO

Ryzen Threadripper
1950X

Ryzen Threadripper
1920X