WindowsUpdate

WindowsUpdate

Microsoftは、Windows10 バージョン20H2 / 2004に新たな既知の不具合を追加しました。Microsoftによると、『sortwindows63.dll』というファイルに問題が発生しており、一部の日本語文字が潰れて読めなくなるとのこと。

Win10チューニング,WindowsUpdate

< Update 6: Wi-Fiに繋がらなくなる不具合が修正 [2019/10/26更新]
2019年5月22日より提供が開始されたWindows10 v1903 May 2019 Updateは、公開当初からMicrosoftより多数の不具合がアナウンスされています。Microsoftは随時不具合リストを更新しており、以下の不具合が修正されたことを発表しました。

  • Intel Centrino 6205/6235およびBroadcom 802.11ac Wi-Fiカードを搭載するNECのPCでWi-Fi接続ができない。 [New]

以下、『既知の不具合』と『解決した既知の不具合』になります。

Win10チューニング,WindowsUpdate

Windows10 v1903 May 2019 Updateに新たな既知の不具合が追加されました。Microsoftによると、Intel RSTドライバのバージョン15.1.0.1002と15.5.2.1053に、v1903との互換性の問題があるとのこと。そのため、問題のあるバージョンを使用している環境には自動でv1903は降ってこず、また、手動でv1903を適用しないよう、Microsoftは案内しています。

なお、Intel RSTドライバ15.5.2.1054以降は互換性があるため、問題なくv1903を適用できます。Intel RSTをお使いの方はバージョンにお気をつけくださいませ。

< Update 1: 修正 >
Microsoftによるとこの不具合は2019年8月31日公開のKB4512941にて修正されたとのことです。

関連記事
【Win10】 Windows10 v1903 May 2019 Updateの不具合情報等の記事一覧

Win10チューニング,WindowsUpdate

Windows10 v1903 May 2019 Updateに新たな既知の不具合が追加されました。Microsoftによると、Intel 4シリーズでiGPUを使用しているv1903環境にリモートデスクトップ接続を行うと、真っ黒の画面が表示される場合あるとのこと。

この不具合が発生するのは古いPC環境に限定されますが、今もお使いの方はお気をつけくださいませ。

< Update 1: 修正 >
Microsoftによるとこの不具合は2019年8月31日公開のKB4512941にて修正されたとのことです。

関連記事
【Win10】 Windows10 v1903 May 2019 Updateの不具合情報等の記事一覧

Win10チューニング,WindowsUpdate

Windows10 v1903 May 2019 Updateに新たな既知の不具合が追加されました。Microsoftによると、GeForceを搭載したSurface Book 2にWindows10 v1903を適用すると、グラフィックス機能を多用するアプリケーションやゲームが開けなくなったり、落ちたりする場合あるとのこと。

この不具合が解決されるまで、該当するSurface Book 2にはv1903が自動的に降ってこなくなり、また、手動でインストールしないことをMicrosoftは推奨しています。

既にv1903を適用していて不具合が発生した場合は、PCを再起動するか、デバイスマネージャーから『ハードウェア変更のスキャン』を実行するようMicrosoftは案内しています。

< Update 1: 修正 > [2019/10/14更新]
Microsoftはこの不具合を修正したファームウェアの配信を開始しました。詳細は下記の記事をご覧くださいませ。

【アプデ/10】 400MHz固定化不具合等を修正。Surface Book 2用ファームウェアを配信

関連記事
【Win10】 Windows10 v1903 May 2019 Updateの不具合情報等の記事一覧

Win10チューニング,WindowsUpdate

2019年5月30日、Windows10 v1903に更新プログラムKB4497935が配信されました。KB4497935には多数の修正が含まれており、v1903公開当初からの不具合もいくつか修正されました。修正された公開当初からの不具合は以下になります。

< 修正されたv1903公開当初からの不具合 >

  • 外付けUSBメモリやSDメモリカードを接続しているとv1903へのアップデートに失敗する場合がある。
  • ディスプレイの向きがデフォルトから変更されていると(横向きから縦長にしていたり)、Direct3D (D3D)アプリケーションやゲームがフルスクリーンモードにならない場合があります。例えば、3DMarkがこの不具合の影響を受けます。

関連記事
【Win10】 Windows10 v1903 May 2019 Updateの不具合情報等の記事一覧

Win10チューニング,WindowsUpdate

WindowsUpdate

Windows10 v1903に新たな既知の不具合が2件追加されました。

  • v1903のインストール時にOSの言語を変更した環境だと、Windows Sandboxが0x80070002エラーで起動に失敗する場合があります。
  • v1903にアップデート後、dynabook PC向けアプリ『dynabookスマートフォンリンク』が正常に機能しなくなる場合があります。Microsoftはdynabookと解決に取り組んでおり、この問題が解決するまでは該当PCにv1903は配信されません。

上記にお心当たりのある方はお気をつけくださいませ。

2019/7/12追記
2019/7/11時点でdynabookの不具合は解決しました。他の不具合については以下の記事をご覧くださいませ。

【アプデ/10】 Win10 v1903、既に多数の既知の不具合がリストアップ

2019/8/31追記
2019/8/31時点でWindows Sandboxの不具合も解決しました。

関連記事
【Win10】 Windows10 v1903 May 2019 Updateの不具合情報等の記事一覧