回線接続がランダムに切断される不具合。Z790やB760マザーで発生。Intel I226-Vが原因。ネトゲプレイヤーには最悪の不具合

マザーボード

回線接続がランダムに切断される不具合

Intel I226-V NICを搭載したLGA1700マザーボード(Z790やB760)において、回線接続がランダムに切断される不具合が発生しています。海外メディアのTechPowerUpが報じました。

Intel I226-V 2.5GbE LANコントローラーには欠陥があるようだ。ランダムなタイミングで数秒間、イーサネット接続が切断される。

ハイエンドのIntel 700シリーズチップセットマザーボードは、多くの製品でI226-Vを採用している。一部のエンスージアスト向けモデルではRealtekやMarvellの有線イーサネット(10GbEなど)を2つ目のLANポートとして採用しているものもある。

2022年末頃から、I226-Vを搭載したマザーボードユーザーから、IntelMicrosoftASUS、Reddit (1 / 2 / 3 / 4 / 5)など、さまざまなフォーラムで接続がランダムに切断されるという報告が出ている。

切断は数秒間のため、ほとんどの場合は気づかない。しかし、オンラインゲームやビデオ会議、VPNにリモートデスクトップなど、常時接続を必要とするアプリケーションにおいては、この不具合が顕著に現れる。

この不具合の影響を受けているかどうかは以下の手順で確認できる。

  • 『スタート』 → 『Windows 管理ツール』 → 『イベント ビューアー』を開く
  • 『Windows ログ』 → 『システム』を開き、ソースの『e2fnexpress』を検索
  • イベントID 27または32で「Intel Ethernet Controller I226-V, Network link is disconnected.」と記されているかどうかでこの影響を受けているかどうかがわかる
    I226-Vの不具合が発生しているか確認する方法

この不具合は、私たちのラボでも再現できた。検証には最新のIntel 27.8ドライバと、最新のマザーボード用BIOSを使用した。また、速度を1Gbpsに落として試してみたが、解決はしなかった。

私たちの使用したマザーボードには複数のLANポートがあるため、Intel I226-Vではない別のLANポートに接続することで、この不具合は発生しなくなった。だからといって、この不具合を受け入れることはできない。Intelとマザーボードパートナーは、この不具合を修正する必要がある。

[Source: TechPowerUp

ネットゲームをプレイする人にとっては最悪の不具合と言えるでしょう。早急な解決が望まれます。

この不具合への対処方法としては、Intel I226-V以外のLANポートやWi-Fiがある場合はそちらをお使いください。いずれもなく、最悪の場合は別途LANカードやUSB LANアダプターを購入するという方法もあります。

Posted by にっち