NVIDIA、GeForce RTX 3060とResizable BAR対応ドライバを発表 [Update 1: Resizable BAR対応GPUを加筆]

GeForce

GeForce RTX 3060

NVIDIAは、GeForce RTX 3060およびResizable BAR (Re-Size BAR)対応ドライバについて発表しました。

GeForce RTX 3060

GeForce RTX 3060

 RTX 3070RTX 3060 TiRTX 3060
CUDA588848643584
Boost1725MHz1665MHz1777MHz
VRAM8GB G68GB G612GB G6
MSRP$699$399$329
発売日2020年
10月29日
2020年
12月2日
2021年
2月下旬

GeForce RTX 3060のスペックは3584CUDA、VRAM 12GB GDDR6、ブーストクロック1.78GHz。MSRPは329ドルで2021年2月下旬発売予定とのこと。

前世代のGeForce RTX 2060と比較して、以下のようなパフォーマンス向上があることをアピールしています。

GeForce RTX 3060

Resizable BAR対応ドライバ

NVIDIA GeForce Resizable BAR対応ドライバ

NVIDIAはResizable BAR (Re-Size BARとも呼ばれる)対応ドライバを発表しました。

Resizable BARとは、効率よくVRAMにアクセスできるようにする機能で、AMDがSmart Access Memory (SAM)という名称で先んじて実装しているものと同じものになります。

AMD Radeon環境ではSAMを有効することでフレームレートが数%から10%前後向上しています。今回のドライバアップデートはNVIDIA GeForce環境でもこの恩恵が得られるようになるというもの。

NVIDIAによるとResizable BAR対応ドライバは2021年2月下旬に公開予定。対応CPUはIntel、AMDの両プラットフォーム。対応GPUは以下になります。

  • 既存のGeForce RTX 3000シリーズ (要VBIOSアップデート。3月以降公開予定)
  • GeForce RTX 3000シリーズ搭載ノートPC
  • GeForce RTX 3060
  • 今後登場予定の全ての製品