Meteor Lake用tGPUの量産スケジュールに遅れ。Intel第14世代Core 14000シリーズは予定通り2023年発売となるか

CPU

Intel シリコンウェハー

Intel第14世代Core 14000シリーズ(コードネーム: Meteor Lake)で使用されるtGPU (Tiled GPU)の量産スケジュールに遅れが生じている模様です。TrendForceが報じました。

Intel

Intelは、Meteor Lakeに搭載するtGPUチップをTSMCに委託する。当初、このGPUの量産は2022年後半に予定されていたが、製品設計やプロセス検証の問題から2023年前半へと延期された。しかし、最近になって、何かしらの理由により量産予定が2023年末へと再び延期された。これにより、2023年に予約されていたIntelの3nm (N3)プロセスノードの生産はほとんどがキャンセルとなった。

[Source: TrendForce

Meteor Lakeは、CPU、GPU、I/Oといった複数のダイをワンパッケージに収めたチップレット構成を採用しています。

Intel Meteor Lakeのテストチップ
Intel Meteor Lakeのテストチップ

その中のGPUダイはTSMCが担っているものの、Intel側の問題により遅れが生じており、2023年末の量産へと延期されたそうです。

2022年2月に発表されたIntelのCPUロードマップによると、Meteor Lakeは2023年の発売が予定されています。

Intel CPUロードマップ
Intel CPUロードマップ

tGPUの遅延により、発売時期への影響がどうなるのか気になるところですが、2022年第2四半期の決算報告において、Intelのパット・ゲルシンガーCEOは以下のように述べています。

今年後半にはRaptor Lakeを、2023年にはMeteor Lakeを投入します。Meteor Lakeは、当社とお客様のラボで良好な状態を示しています。

-Intel CEO, Pat Gelsinger, 2022年第2四半期決算報告にて

tGPUが遅れているとされているにも関わらず、Meteor Lakeは引き続き2023年の発売が見込まれています。

パット・ゲルシンガー氏の発言とTrendForceの報道には矛盾が生じています。さすがに2023年末の量産で2023年中の発売は不可能でしょう。

いくつか考えられる可能性としては、

  • tGPUを使用しないモデルがある
  • tGPUを自社生産できる算段がついている
  • TrendForceの報道が間違っている
  • パット・ゲルシンガーCEOの発言が間違っている

これらのいずれかといったところでしょうか。

MeteorLake

Posted by にっち