Core Ultra 200シリーズのローエンド帯はArrow Lakeアーキテクチャではない可能性

CPU

Intel Core

Intel Core Ultra 200シリーズのローエンド帯はArrow Lakeアーキテクチャではないかもしれません。

ハードウェアリーカーのJaykihn氏は以下のように述べています。

Jaykihn氏のポスト


Core Ultra 200シリーズデスクトップCPUには、Arrow Lake-S (ARL-S)のCore Ultra 3ラインナップ / SKUはありません。しかし、これは、Core Ultra 200シリーズにCore Ultra 3のラインナップがないという意味ではありません。あるとすればArrow Lakeアーキテクチャではない、ということです。

Arrow Lake-Sのラインナップは近いうちに公開予定です。

Jaykihn氏によると、Core Ultra 200シリーズのCore Ultra 3 (あるいはCore 3)のアーキテクチャはArrow Lakeではないそうです。具体的にどのアーキテクチャが採用されるのかについては言及されていません。

Jaykihn氏の情報が正しいと仮定するなら、考えられる可能性としてはRaptor Lake Refresh (Raptor Lake Refresh Refresh)かMeteor Lake (Meteor Lake Refresh)の採用となるでしょうか。

ArrowLake

Posted by にっち