Intel、Arcグラボの大まかな発売スケジュールを発表。ただし、先行きはかなり不透明

Arc

Intel Arc Aシリーズ

Intelは、Arc Aシリーズデスクトップカードの大まかな発売スケジュールを発表しました。

Intelによると、エントリーレベル製品となるArc A 3 (A300)シリーズは、2022年Q2(4~6月)にシステムビルダーやOEMを通じてまずは中国市場で発売。まもなく中国でコンポーネントの販売を開始し、その後、グローバルに展開予定とのこと。

Arc 5 (A500)およびArc 7 (A700)シリーズは、2022年夏後半にOEMおよびシステムインテグレーターとともに世界各国で販売を開始し、その後、世界各国でコンポーネントを販売する予定とのこと。少し言い回しがややこしいですが、ここでいう「コンポーネント」とは、おそらくグラボ単品のことを指しているものと思われます。

つまるところ、Arc A 3シリーズは、同グラボを搭載したPCおよびグラボ単品が2022年Q2中に中国で発売されるものの、ワールドワイドに販売されるのがいつになるかはわからず、Arc 5とArc 7シリーズは、夏後半に各PCメーカーからArc 5 / Arc 7搭載PCが発売されるものの、グラボ単品での販売がいつになるかはまだわからない、といった感じです。

Arcグラボ単品での販売を待っている人には残念ですが、かなり先行きが不透明な発表となっています。

このほか、Intelは、ベンチマーク最適化のオン/オフを切り替えられるトグルを備えたArcグラフィックスドライバが公開されていないことにも言及しており、こちらについては、より細かく制御できるようにするために時間を要していると説明しています。ベンチマーク最適化のオン/オフトグルを備えたドライバがいつ頃公開できるかは、今後数週間のうちに改めてお知らせするとのことです。

IntelArc

Posted by にっち