マイニング制限を施したRTX 3000シリーズが近々出荷

GeForce

NVIDIA GeForce

NVIDIAは近いうちにGeForce RTX 3000シリーズのGPUチップを、マイニング制限を施したものへと変更する模様です。海外メディアのVideoCardzが報じました。

GeForce RTX 3080: GA102-200チップ

NVIDIAは今後登場予定のGAxx2チップに関して、パートナー企業に最新情報を提供した。RTX 3080のGA102-202チップやRTX 3070のGA104-302チップなど、これらのGPUには新しいマイニング制限が搭載されている。GAxx2チップは2021年5月中旬頃の出荷が見込まれており、早ければ6月にはGAxx2チップ版のグラフィックスカードが店頭に並ぶことになる。

情報筋によると、NVIDIAはマイニング制限のない既存モデルと、マイニング制限のかかった新モデルとを差別化する予定はないという。つまり、全てのカードはこれまでと同じ製品名となり、マイニング制限の有無を調べるには直接GPUを見るしかない。

なお、GAxx2チップになってもゲーミング性能に関しては既存モデルから変更はない。

VideoCardzの言うGAxx2チップというのは、下1桁が『2』になったもので、例えば、RTX 3080の場合は、

  • GA102-200: 既存モデルのGPU、マイニング制限なし
  • GA102-202: 新モデルのGPU、マイニング制限あり

といった具合になります。

VideoCardzによると、これらGAxx2チップは5月中旬頃にカードベンダーに出荷される模様です。今回の措置により、マイナーによる買い占めに歯止めがかかることが期待されます。

Ampere

Posted by にっち