【CPU】 Intel、14nmベースの10コアCPU『Comet Lake-S』を投入予定か

CPU


(Source:XFastest)

中国語圏メディアのXFastestによると、IntelはComet Lake-Sと呼ばれるメインストリームプロセッサを追加する噂があるという。Comet Lake-Sは14nmベースでデュアルリングバスを採用し、最大10コアになるとのこと。

この話はパートナー会議にて言及されて、最新のロードマップにも組み込まれていると伝えられていますが、本当だと証明できるものは何も提示されていません。情報の確度がどの程度なのかは未知数のため、鵜呑みにはせず噂ということでひとつ。

2020/5/1追記

Intelより正式に第10世代Coreシリーズが発表されました。詳細は以下の記事をご覧くださいませ。