CPU

Intel vs AMD

2020年1月6日、IntelはCES 2020にて、同社のモバイル向けプロセッサー『Core i7-1065G7』は、AMDの『Ryzen 7 3700U』よりも優れていることをアピールしました。そのグラフがこちら。

CPU

Intel Mobile CPU

中国語圏のフォーラムにて、ノートPCのプロダクトマネージャーを務めると称するユーザーJZWSVIC氏が、IntelのモバイルプロセッサーTiger Lake-U ESとIce Lake-Uの比較をリークしました。それがこちら。

CPU

Intel CPU

Intel Tiger Lake-UのベンチマークスコアがGeekbenchに掲載されました。それがこちら。

CPU

カナダメディアのIT World Canadaは、Intelの10nmデスクトップCPUの登場時期について、以下の内容を報じました。

CPU


(Source:Tom's Hardware)

Hardwareluxxにて 「Intelは10nm世代のデスクトップCPUをスキップする」 と報じられた後、Intelはこの話を否定する短い声明を発表しました。

Intel: We continue to make great progress on 10nm, and our current roadmap of 10nm products includes desktop.


Intel: 弊社の10nmは大きな進歩を続けており、現時点での10nm製品のロードマップにはデスクトップも含まれています。

具体的な時期やラインナップなどについては言及されていませんが、10nm世代のデスクトップCPUが出ることは確かな模様です。

CPU

衝撃的な噂が出てまいりました。海外メディアのHardwareluxxが内部関係者から得た情報によると、Intelは10nm世代のデスクトップCPUスキップするという。10nmのIce LakeはデスクトップCPUとして出せるクロックに到達しなかったために、Intelは引き続き14nmでComet Lake-S、Rocket Lake-Sの投入を予定しているとのことです。

CPU

海外メディアのAnand Techによると、Intelは2019年Q2(4-6月)の決算報告にて、同期中にIce Lakeプロセッサ(モバイル製品向け)の出荷を開始したことを発表したという。同プロセッサを搭載した各モバイル製品は2019年のホリデーシーズンに登場を予定しているとのこと。

とはいえ、2019年5月末のCOMPUTEX 2019でも既に出荷段階に入っていると発表されていたため、今回の発表はその再確認をした形となります。

Ice Lakeでは10nm世代となり、また、Sunny Coveアーキテクチャが採用されているため、Skylakeから長らく停滞していたIPCの向上が期待されます。ただ、残念なことに、デスクトップ向け10nmプロセッサについては未だに正式なアナウンスはありません。