HDD

Western DigitalはHGSTのHDD『8TB Ultrastar DC HC320』をWestern Digitalブランドに置き換えることを発表しました。また、ブランド統一のため、今後、全てのエンタープライズ向けおよび市販製品はWestern Digitalブランドで発売するとのことです。

つまるところ、今後はHGSTブランドは使われないようです。ブランド名が変わるだけで中身に変わりはないものの、HGSTブランドでの新製品がもう見られなくなるのは少し寂しいものがあります。

HDD,SSD

ストレージの売却や譲渡などで第三者の手に渡る際、情報漏えいを防ぐためにデータは完全に消去しておきたいものです。しかし、通常のフォーマットだけだと、復元ソフトなどを使用して簡単にファイルのサルベージができるのでおすすめしません。

そこで、簡単に完全に消去する方法をご紹介。コマンドプロンプトを起動して、

HDD,静音

なんとなく試してみたら思った以上に効果のあったHDDの静音化をご紹介いたします。

まず、HDDをPCケースから取り出して、何重にも束ねたプチプチの上に置いて、四方を発砲スチロールのブロックで囲みます。

写真では繋がっていませんが、ケーブル類を繋げて蓋をします。

SSD,ハードウェア全般


(画像クリックでAmazonへ)

Amazonで千円以下で買えるInateckのSATA-USB 3.0 変換アダプタケーブルを購入したので軽くレビューを。

上記の外観どおり、小型でお手軽なところが非常にGoodです。では、肝心の速度はどんなもんでしょうか。SATA3接続とUSB接続ではどれくらいの差があるのか、サクッと結果をどうぞ! ベンチマークには東芝のMLC SSD『CSSD-S6T128NHG5Q』を使用しています。

HDD

Seagateの7mm厚2.5インチ2TB HDD『ST2000LM015』を購入したので軽くレビューを。デスクトップで使用するため、3.5インチHDDを買おうと思っていたのですが、3.5インチと比較して2.5インチはどんなもんなのか気になったのでこちらを購入。

そのため、デスクトップでの使用視点になります。2.5インチHDDのデスクトップ使用は有なのか。まずは温度から。

HDD,SSD

ホットスワップの実験をしていたところ、ストレージを接続するとBSoDが発生する現象に遭いました。一体何が原因なのか。Google先生に聞いてみたところ、ASUSのページにその答えがありました。

雑記

・「でもFPSやめられないんだけど!」を可能にするアイテム

これを使えば家が倒壊してもノートPC+枕元でFPSを続けられますね!

尚、火災には対応出来ない模様。

・HDDを床に落とす勢
HDDを床に落として壊すバカがいるらしい。そんな人もこれで安心。

1
(ソース:米軍規格に準拠したタフネス仕様のHDDケースが登場)

これで1.2mの高さまでなら安心して床に落とせますね!

…。

あ、自分、HDDの保管位置を限りなく低い場所に変えました…