HDD

Seagateの7mm厚2.5インチ2TB HDD『ST2000LM015』を購入したので軽くレビューを。デスクトップで使用するため、3.5インチHDDを買おうと思っていたのですが、3.5インチと比較して2.5インチはどんなもんなのか気になったのでこちらを購入。

そのため、デスクトップでの使用視点になります。2.5インチHDDのデスクトップ使用は有なのか。まずは温度から。

HDD,SSD

ホットスワップの実験をしていたところ、ストレージを接続するとBSoDが発生する現象に遭いました。一体何が原因なのか。Google先生に聞いてみたところ、ASUSのページにその答えがありました。

HDD

前回のあらすじ。新BlueもIntelliparkは有効。

新Blueの2TB購入者様からご報告を頂きました。ツールで無事Intelliparkを無効に出来たそうです。(教えていただきありがとうございます!)

仕様が変わって無効に出来なくなっていたら、という懸念がありましたが2015年11月現在は大丈夫なようです。ただ、WDはちょいちょい仕様変更をしてくるので、今は大丈夫でも今後も大丈夫という保証はありまてん。でもまぁ、当分は大丈夫かと思われます。

HDD

エルミタージュ秋葉原より。

Greenには全てにIntelliparkがありますが、BlueにはIntelliparkが無い、ある、あるがヘッド退避タイムが300秒などの説が入り乱れています。実際のところはわかりません。

Intelliparkについて少しだけ説明しますと、一定時間HDDにアクセスが無いと自動的にヘッドが退避されるWD特有の機能です。あまりHDDにアクセスしない人には問題の無い機能ですが、Greenだと確か8秒くらいアクセスが無いとヘッド退避されて、ちょいちょいアクセスする人には邪魔な機能ともっぱらの評判です。この機能のせいでプチフリを味わうことになる場合も。

ソフトウェアで無効化も出来ますが、無効化が上手くいかない場合もあるようです。つまり何が言いたいかと申しますと、新Blue(?)はIntelliparkが標準で無効のものにしてくださいお願いします何でもs(r

11/19追記
Intelliparkは有効ですが無効に出来る模様。

HDD,修理

↑ヘッドが戻らなくなったときの対処方法ですが、円盤を無理矢理回転させることで、回りにくくなったモーターを回りやすくさせる効果もあります。

ちなみにこれ、管理人もやったことがあります。何台やったかハッキリとは覚えていませんが、過去10年分くらいのクラッシュしたHDDを10台くらいやりました。クラッシュの原因が不明のため、とりあえず片っ端からやってみましたが、この方法で生還したHDDは2台。確率にして1/5程度の生還率です。低い。

正直あまりオススメ出来る方法ではありません。どうしてもデータを吸い出したいHDDは、リカバリ業者に頼んだ方が良いと思います。非常に高価ですが。やる際は「吸い出せたらラッキー、無理だったら別にいいや」くらいのHDDでやりましょう。

HDDは消耗品です。壊れるも八卦、壊れぬも八卦。消えたら困る大切なデータは、悲劇が起こる前に必ずバックアップを取っておきましょう。