Intel Alder Lake-SはDDR5をサポート

CPU

Intel Processors

ES版Intel Alder Lake-SがSiSoftware Sandraのデータベースに掲載されました。それがこちら。

SiSoftware Sandra - Intel Alder Lake Client Platform Alder Lake Client System (Intel AlderLake-S ADP-S DDR5 UDIMM CRB)
Intel AlderLake-S ADP-S DDR5 UDIMM CRB

注目点はその名称。『Intel AlderLake-S ADP-S DDR5 UDIMM CRB』と記されており、DDR5メモリが使用されている模様です。かねてよりAlder Lake-SはDDR5をサポートするとされていましたが、その情報に間違いはなさそうです。

2020年10月時点ではAlder Lake-SはDDR5 / DDR4の両方に対応し、速度は最大DDR5-4400 / DDR4-3200までサポートすると言われています。

Alder Lakeは、Hybrid Technologyが採用されており、CoreベースのビッグコアとAtomベースのスモールコアが共存します。ビッグコアはハイパースレッディングを搭載しますが、スモールコアにはありません。つまり、最大で8ビッグコア(8C16T) + 8スモールコア(8C8T)となり、計24スレッドとなります。

Alder Lakeは2021年後半にリリース予定とIntelよりアナウンスされています。

AlderLake

Posted by にっち