AMD、400シリーズマザーボードでもZen 3 Ryzenをサポート

CPU

AMD Ryzen Processor

AMDはX470 / B450マザーボードでもZen 3デスクトッププロセッサーをサポートすることを発表しました。

先日、AMDはX570 / B550でZen 3のサポートを発表しましたが、同時に400シリーズ以下のマザーボードではZen 3をサポートしないとも言われていました。今回の発表ではこれを撤回したものとなり、400~500シリーズマザーボードでZen 3プロセッサーをサポートすることが明言されました。

400シリーズマザーボードでZen 3世代のRyzenを使いたかった人には朗報ですね。以下、AMDの発表になります。

AMD Ryzen互換表

弊社はZen 3のサポートについて寄せられた様々なフィードバックを検討しました。その結果、お客様の要望にお応えしてX470およびB450マザーボードにて、次世代Ryzenプロセッサーをサポートいたします。

アップグレードがどういったものになるかは、以下のように予定しています。

  1. X470およびB450用ベータ版BIOSでZen 3プロセッサーのサポートを有効にします。
  2. このオプションBIOSのアップデートは、ROMスペースを多く使用するため、多くの既存のAMD Ryzenデスクトッププロセッサーのサポートを無効にします。
  3. ベータ版BIOSは年内発売予定のZen 3 Ryzenプロセッサーへのアップグレードを可能にしますが、古いバージョンのBIOSへのフラッシュバックはサポートされていません。
  4. 混乱を避けるため、BIOSのダウンロードは、400シリーズのマザーボードを使用していて、Zen 3デスクトッププロセッサーを購入したお客様のみを対象とします。
  5. BIOSアップデートの提供時期はZen 3プロセッサーの登場時期と一致しないかもしれません。
  6. AMD 400シリーズマザーボードで新しいCPUをサポートするのは今回が最後となります。今後、Zen 3よりも新しいCPUがリリースされた際は、新しいマザーボードが必要となります。
  7. 弊社は、新しいCPUで最高のパフォーマンスと機能を実現するために、AMD 500シリーズマザーボードを選択することを推奨しています。

他にも解決すべきことはまだまだありますが、計画は進んでいます。BIOSの公開が近づくにつれて、適宜詳細を発表いたします。

今回、お客様からのフィードバックにより、AMD 400シリーズでZen 3をサポートすることになりました。弊社製品に対するお客様の情熱とサポートに心より感謝いたします。