【モニタ】 EIZO FS2735 vs ASUS PG279Q

液晶モニタ

片やFreeSyncのFS2735、片やG-SyncのPG279Q、どちらも10万円超えのWQHD27インチIPSモニタで、ご使用中のGPUによってどちらにするか決める人が大半ではないでしょうか。

それはともかく、似たような仕様の両ハイエンドモニタ、○○Syncは置いといて、純粋なモニタの性能はどちらが強い(?)のか比較したいと思います。予備知識として、使われている液晶パネルは、FS2735が「M270DAN02.3」でMG279Qと完全一致、PG279Qが「M270Q008 V0」となり、双方で違う模様。

それではサクサクと行きましょう。 (各画像はクリックで拡大)



まず輝度ムラ。

FS2735

PG279Q

部屋を真っ暗にして黒画像を表示させた写真になります。この画像ではムラの少ないFS2735の勝ち。

次に残像比較。

残像比較
(左が最良、右が最悪)

どうでしょう。FS2735の方が残像がクッキリしている印象を受けます。PG279Qの勝ちでしょう。

次にG2G応答速度。

FS2735

PG279Q

PG279Qの144/165HzどちらのモードでもPG279Qの勝ち。

最後に表示までの遅延。

lag

PG279Qの勝ち。

総合的にPG279Qの方が勝っている場面が多いものの、G2G応答速度や表示までの遅延に関しては、差を体感出来るかと問われれば、自分にはたぶん無理。

この差であればお使いのGPU基準で決めて良いと思いますが、先にモニタから決めるのであれば、輝度ムラの少ないFS2735を取るか、残像感の少ないPG279Qを取るか、といったところでしょうか。(ただ、輝度ムラは個体差があります。同一モニタでも個体によってムラっぷりは異なる場合があります)

尚、FS2735のスマホ連携機能が不要で、裏技でFreeSyncの有効範囲を自己責任で変更する覚悟完了の方は、FS2735と同じパネルを使っているMG279Qが大変お買い得となっております。

ソース
TFT CENTRAL
Eizo Foris FS2735 / Asus ROG Swift PG279Q

Amazon

EIZO FS2735
(FreeSync)

ASUS PG279Q
(G-Sync)

ASUS MG279Q
(FreeSync)