CPU,RADEON


(Source:AMD Mandolin Raven)

2018年に登場といわれているZenベースのAPU『Raven Ridge』のES版と思われる『2M3001C3T4MF2_33/30_N』がSandraベンチマークに掲載されました。

Sandraの情報を見たところ、このES版のCPU部分はベースクロック3.0GHzで動作し、GPU部分は

RADEON


(Source:AMD Radeon RX Vega: less than 20,000 available at launch)

TweakTownは 「RADEON RX Vegaはローンチから数ヶ月間、16,000枚以下の出荷数になるだろう」 と報じました。曰く、HBM2の供給量が少ないことが起因しているとのこと。

ただ、この16,000枚という数字が一体どこから出てきたのかは定かではありません。噂ということで一つ。仮に本当だとすれば、Fury Xのときみたいに最初の販売数は少なくなるかもしれませんね。

関連記事
【GPU】 SK hynixのHBM2は2017年Q1(1-3月)に登場か?

CPU,RADEON


(Source:AMD Taking The Covers Off Vega, Navi & Zen+ On May 16th)

<ザックリ意訳>

AMDに近い情報筋によると、AMDは10日以内に2017年以降のGPUとCPUのロードマップについて発表をするという。Vega、Navi、Zen+が話題の中心となるだろうが、Vegaのローンチの場ではない。


上記内容が海外メディアのWCCF TECHにて報じられました。

RX Vegaは予定に変更がなければ5~6月中には出荷とのことで発売時期が迫っています。上記内容が本当だとすれば、これまでVegaの性能に関してはほとんど触れられることがなかったため、そろそろ詳細の発表を期待したいところです。

<Update 1>
AMDは2017年5月16日(現地時間)に


(Source:http://ir.amd.com/phoenix.zhtml?c=74093&p=irol-analystday)

『Financial Analyst Day』を開催する模様。WCCF TECHはおそらくこれのことを言っているのでしょう。Web配信も予定されているようで、日本時間だと2017年5月17日AM06:00開始となります。

2017/05/17追記
『Financial Analyst Day』の内容をザックリまとめました。

関連記事
【GPU】 LinuxドライバにVega 10に関する記述有、ROPsやTMUsなどが判明
【GPU】 ES版RADEON RX VegaのTime Spyベンチマークリザルトキタ━━━━(゚∀゚)━━━━??
【GPU】 RADEON VegaはGTX 1080 TiやTITAN Xpとも戦えるのか?AMD、強気に発言
【GPU】 AMD VegaのOpenCLベンチマーク結果

RADEON


(Source:The Huge DRM Driver ... / AMD Radeon RX Vega ...)

AMDが公開したLinux用ドライバの中にVega 10に関する記述が見つかりました。新たに判明したのはShader Engines、ROPs、TMUs等で、記述に基づくと下記のカタログスペックになります。

 RX Vega
RX 480
GPUVega 10 XTPolaris 10 XT
SP40962304
Shader Engines44
ROPs6432
TMUs256144
Hasdware Threads84
Memory Interface2048-bit256-bit
Memory8 GB HBM28 GB GDDR5

ドライバ内記述
case CHIP_VEGA10:
adev->gfx.config.max_shader_engines = 4;
adev->gfx.config.max_tile_pipes = 8; //??
adev->gfx.config.max_cu_per_sh = 16;
adev->gfx.config.max_sh_per_se = 1;
adev->gfx.config.max_backends_per_se = 4;
adev->gfx.config.max_texture_channel_caches = 16;
adev->gfx.config.max_gprs = 256;
adev->gfx.config.max_gs_threads = 32;
adev->gfx.config.max_hw_contexts = 8;

その他、定格クロックなどはまだ明らかになっていません。

<Update 1>

RADEON

tt
(Source:Possible Radeon RX Vega 3DMark Time Spy Benchmark Result)

ES版RADEON RX VegaのTime Spyベンチマークリザルトが3DMarkに掲載されました。↑結果はGraphics Score 5721になります。これがどれくらいのスコアかと申しますと、

RADEON


(Source:Aparece en Reddit el empaque de una Radeon RX Vega)

RedditにRADEON RX Vegaの『QUAKE CHAMPIONSバンドルパッケージ』と称する画像が投稿されました。しかし、この画像を投稿した人物既にアカウントを削除しています。

現時点では 「非常にうさんくさい」 画像ではありますが、Crimson ReLive 17.4.4にはQUAKE CHAMPIONSのショートカットアイコンが同梱されていたことから、何かしらのキャンペーンがあってもおかしくなさそうですね。

ただ、このアカウントを削除というパターンは、過去にもフェイクニュースを流していた人物と同パターンなのでフェイクの可能性の方が高そうです。

2017/7/31追記
↑がフェイクと確定しました。RX Vegaのネーミングが異なります。詳細は下記の記事へどうぞ。
【GPU】 RX Vegaの価格と仕様と性能(悲報)

RADEON

2017年4月半ばに行われたRYZEN AMAの場で、RADEON Vegaについて下記の質問と回答が出ました。

Q.VegaはNVIDIAのGTX 1080 TiやTITAN Xpとどう違いますか?

A.VegaのパフォーマンスはGTX 1080 TiやTITAN Xpの良い競合になるよ。

(Source:AMD Ryzen AMA)

この回答をしたのはAMDデスクトッププロセッサマーケティングマネージャのDon Woligroski氏で、Vegaに対してかなりの自信があるようで強気なニュアンスで述べています。

2017年3月に出てきたVega ES版のOpenCLベンチマークはGTX 1080以上、GTX 1080 Ti以下といったところでしたが、この発言が真であるなら製品版ではさらなるパフォーマンス向上を果たしているのかもしれません。

肝心の発売日はまだハッキリとはしませんが、AMDが決算報告で語った言葉はVegaは2017年第2四半期(4~6月)予定とのことなので、予定どおりにいけばあと約2ヶ月以内にはその姿を見ることができるでしょう。

2017/7/31追記
残念ながら↑の発言は半分正しく、半分大ボラであることが判明しました。VegaはVegaでも、Vega FE特定のベンチマークではTITAN Xpとも戦えていますが、RX Vegaのゲーム性能はせいぜいGTX 1080程度です。