雑記

・ガチ油冷PCのメンテナンス

面倒くさすぎわろた。油冷といえばアルティメットな冷却性能や、ファンレス運用も可能なところが魅力ではありますが、犠牲にするものがあまりにも多すぎますね…

↓作っているところは楽しそうです。

Part.1
https://www.youtube.com/watch?v=2V06LLTNxc4
Part.2
https://www.youtube.com/watch?v=xc10jwT8FmM
Part.3 Last
https://www.youtube.com/watch?v=RrJreUX3TCk
Part.4 Q&A
https://www.youtube.com/watch?v=yAZRPXWy_nM

・Gears of War Ultimate EditionのPC版
g

MSのPhil Spencer氏いわく「2016年の遠くない内に出します」とのこと。しかし、Xbox版では日本語版の発売がなかったため、PC版も期待は出来ないかもしれません。

(ソース:https://twitter.com/XboxP3/status/678350635239018496)

ハードウェア全般

良い意味でおもちゃ感覚で遊べそうなケース。大きすぎず小さすぎず、絶妙なバランス。といってもサイズは複数ありますが。

お子様でも簡単アピールをしていますが、どちらかというとCPUクーラーやGPUのサイズで、割と楽しく悩めそうな自作中級者以上向けのような気がしました。ダディが最初からパーツを用意していれば、お子様でも組めそうでしょうか。

通気性が気になりましたが、トップカバーだけでなく

見えにくいですが横周りも細かい網目状のようなので、エアフローも問題なさそうです。

こちらのケースはまだ発売されておらず、現在出資を募っている段階です。興味ございましたら下記のページへどうぞ。

Mini PC ITX Case or DIY Computer for Gaming etc ..
https://www.indiegogo.com/projects/mini-pc-itx-case-or-diy-computer-for-gaming-etc#/

ハードウェア全般,雑記

自作PCと言うよりMOD PC、めっちゃかっこいい…配線一つとってもふつくしすぐる…

スペックは5960X/32GB RAM/980Ti x2と紛うことなきハイエンド。お値段総額7,000ドル掛かったそうです。ヒュー…

このPCにクーラントを注水している動画もあります。

ソース
Guru3D
Guru3D Rig of the Month - November 2015

雑記

・Googleカーが遅すぎて警察に止められる

(ソース:Google無人駕駛汽車因為開太慢被美國警察攔下)

自動運転のGoogleカーは時速60kmのところを時速40kmで走行しており、カリフォルニア州では遅すぎるのも違反の対象になるようで警察に止められた模様。Googleいわく「安全のため」だそうですが、遅すぎるのも問題ですね…

・ASRock X99E-ITX + Cougar QBX (画像クリックで拡大)

(ソース:ASRock X99E-ITX/ac Motherboard Review)

これでクアッドチャネルに対応していれば、と思うものの物理的に無理っすね。ITX故、仕方ないね…。構成は5820K@4GHz/290X/16GB@2400MHzだそうで、この小さいCPUクーラーでも4GHzくらいならいけるもんなんですね。それとも当たりコアなんでしょうか…

これに使われているケースはCougar QBXですが、さらに通気性の良いメッシュタイプのCougar QBX KAZEが11/27に発売予定とのこと。

雑記

・Crytek社の新作「Robinson: The Journey」

CrytekがVR向けに制作中のゲームのトレイラーが公開されました。

これがVRのキラータイトルとなるかはわかりませんが、Crisisシリーズという名作を出したCrytek社というだけで期待はしてしまいます。しかしPC版は無しでPS4専用。なんてこったい。

ソース
WCCF TECH
Crytek's New Gorgeous VR Adventure Robinson: The Journey

・スタイリッシュなM-ATX用ケース「UMX3」

個人的に好みの外見。デコボコが少なく、外側のお掃除はサッとひとふきで済みそうです。ただ、どうしても気になるのがエアフロー。

メーカーの説明では↑こういう流れだそうですが、こんなに上手くいくのでしょうか。

↑こんな感じに入り込んだ冷風を即ロスト&電源は熱風ループを起こさないだろうかとちょっと不安に。CPUクーラーの背面に吸気ファンをつければ、即ロストは大分改善されると思いますが、電源に関しては真上に排気出来るように改造したくなるかも。

尚、お値段は120-125ユーロらしいですが、日本で発売されるかは不明の模様。

ソース
Jonsbo
UMX3 Window Version S

ケース

(ソース:PCケース内部にチリとホコリを90%通さない、切り貼りして使えるダストフィルター)

3580円!?たけぇ!こんなん百均の使い捨てエアコン用フィルターでええやんけ!と思ったのですが、水洗いOKで最大約50回使えるそうです。そう考えたら悪くないかも。

それだけでなく、説明によると空気流入が減少することもなく、ファンノイズを15%減少させる効果もあるようです。さすがに空気流入が減少しない、っていうのは言いすぎで若干温度が上がりそうな気もしますが、静音効果は興味深いところです。静音化の最後のゴリ押しになるかも…

10/27から出荷開始とのこと。

ケース






(ソース:HDPLEX 2nd Gen H5 Fanless PC chassis official thread)

す、素敵…)

CPUにヒートパイプ8本、GPUにもヒートパイプ8本、CPUはTDP95Wまで対応で、GTX750Tiを使ってGPU負荷99%状態で1時間ゲームをしても、GPUは70度を突破しなかったとのこと。

写真を見た限り、ヒートパイプの位置がずらせそうで、微妙な位置調整にも優れている感じです。軽めのゲームしかしない人なら、これで完全無音PCも作れますね。

お値段も300ドル以下(GPU用はオプション)と、良心的な部類ではないでしょうか。これは夢がひろがりんぐ…

9/23追記
MSRPは288ドルで2015/10月発売予定だそうです。