マザーボード,電源

マザーボード上のATX24pin電源コネクタの向きを変えられるL字型コネクタ『Sintech PA-ATX24FM』が2018年5月24日より販売開始されました。

こちら、販売価格は税込980円前後と、非常にお安い製品となっています。垂直に刺さっている24pinコネクタが邪魔と感じている人には良さそうですね!

電源

株式会社リンクスインターナショナルは、CORSAIR社製電源『SF600』の一部ロットに仕様違いがあったことを発表しました。本来、日本メーカー製105℃品コンデンサが使用されるところ、誤って85℃品コンデンサを使用したものが混入していたとのことです。対象ロットは正規仕様品への交換を受け付けています。

以下、株式会社リンクスインターナショナルのプレスリリースになります。

電源

2017年5月に発表されたFSPの水冷電源『Hydro PTM+』が海外でついに発売となりました。お値段は699ドル。ヒュー……。

この電源は通常時は1200Wですが、水冷システムが有効になると最大1400Wの供給が可能になります。また、サイレントモード(50%以下の負荷)で動作すると、ファンが停止した状態で最大600Wまで供給できる仕様となっています。

初回生産500台はLimited Editionとなっており、スリーブケーブルとBitspowerのAiO水冷キットが付属してくるとのことです。

国内での販売については、今のところ代理店のオウルテックからアナウンスはありません。

ハードウェア全般,マウス

パート10もジャンル問わずごちゃまぜです。サクッと展示写真をどうぞ!

GeForce,ハードウェア全般

パート8もジャンル問わずごちゃまぜです。サクッと展示写真をどうぞ!

ハードウェア全般,マザーボード

パート7もジャンル問わずごちゃまぜです。サクッと展示写真をどうぞ!

電源


(Source:Hydro-PTM+ | FSP GROUP / FSP Introduces the New Hydro PTM+ Liquid Cooled PSU)

FSPは1200Wの水冷電源Hydro PTM+』を発表しました。狂ってんなオイ!(褒め言葉)

この電源は通常時は1200Wですが、水冷システムが有効になると最大1400Wの供給が可能になります。また、サイレントモード(50%以下の負荷)で動作すると、ファンが停止した状態で最大600Wまで供給できる仕様となっています。

お値段や発売日など、詳細はまだ明らかになっていません。公式サイトによると、COMPUTEX 2017での展示を予告しています。

2018/2/7追記
ついに発売となりました。詳細は下記の記事をご覧くださいませ。