コロナ予防に3Dプリンターとクリアファイルだけで作れるフェイスシールドがすごい!

雑記

自作フェイスシールド

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染経路でもっとも多いとされているのが飛沫・接触感染。それを防ぐために、医療現場では顔全体を覆うフェイスシールドが重要とされているものの、世界的に不足しており問題となっています。

そんな中、3Dプリンターとクリアファイルだけ自作できるフェイスシールドが開発されました。それがこちら。

自作フェイスシールド

自作フェイスシールド

このフェイスシールドを開発したのは大阪大学大学院医学系研究科の中島清一教授。3Dプリンター用データも公開されており、3Dプリンターとクリアファイルさえあれば誰でもこの自作フェイスシールドが作れます。

気になる効果については、「感染制御専門家の意見も聞き、問題なく飛沫・接触の感染を防げるとして、すでに大阪大学医学部附属病院外科病棟での試験運用も開始しています。このフレームに、身近にある文房具『クリアファイル』を取りつけると、高価な医療用シールドに匹敵する完全なフェイスシールドになります」とのことで、効果は折り紙つき!

中島清一教授はこの自作フェイスシールドのフレームを大量生産して、医療現場に届けるためにクラウドファンディングで資金を募っています。興味のある方はこちらのページをご覧くださいませ。

海外ではフェイスシールドを着用して外出する人も

優れた効果で、1つあたり数百円程度で製作可能な自作フェイスシールド。医療現場だけでなく、万が一を想定するならこれをつけて外出したり、人と接するのもアリだと思います。人目が気になるかもしれませんが、命にはかえられません。すでにイランではフェイスシールドを付けて外出する人も出ています。

フェイスシールドを付けて外出する日人

3Dプリンターをお持ちの方は、自作フェイスシールドのプリント・着用を検討されてみてはいかがでしょうか。なお、プリントサイズは155mm x 175mm x 55mmとなり、比較的大きめな3Dプリンターが必要となります。

Amazon
Amazon - 3Dプリンタストア

雑記

Posted by にっち