【CPU/GPU】 Comet LakeのラインナップとIntel Graphicsに関する話題

CPU,GPU

Comet LakeのラインナップとIntel Graphicsに関する話題が浮上してまいりました。2つまとめてサクッとどうぞ!


CorebootのソースコードにComet Lakeの記述

GitHubで公開されているCorebootのソースコードにComet Lakeの記述が見つかりました。注目となるのは以下の1行です。

    { PCI_DEVICE_ID_INTEL_CML_S_10_2, "CometLake-S (10+2)" },

『(10+2)』の部分は『コア数 + GT2 iGPU』ということを表しています。つまり、このソースコードに誤りがなければ、Comet Lakeは10コアモデルが用意されているということになります。

Comet Lakeに関する情報はまだ少ないものの、14nmベースで最大10コアになるという噂は2018年11月から囁かれていました。

今回のソースコードによって、これまで噂レベルだった10コアモデルの存在がより真実味を増してきました。

Intel Graphicsコントロールパネルがリニューアルか

IntelはIntel Graphicsのティザームービーを公開しました。ムービーではゲームタイトルごとの設定ができそうなIntel Graphicsコントロールパネルらしき画面が映されており、最後には『COMING THIS MONTH』と、今月中に公開される旨が書かれています。

このムービーをそのまま受け取るなら、近日中にIntel Graphicsコントロールパネルがゲーマー向けにリニューアルされる模様です。

2019/3/22追記
リニューアル版となる『Intel Graphics Command Center』が公開されました。詳細は以下の記事をご覧くださいませ。