【GPU】 RTコア無効化モデルはGeForce GTX 1660 Ti?そのスペックは

GeForce

(Source:VideoCardz)

以前よりRTコアが無効にされたGeForce GTX 1160が出るかもしれないという噂がありましたが、その続報です。

海外メディアのVideoCardzがボードパートナーから得た情報によると、RTコアが無効化されたモデルは1,536CUDAを搭載し、名前はGeForce GTX 1660 Tiになるとのこと。スペックを既存のカードと比較すると以下になります。


GeForce GTX 1660 TiGeForce RTX 2060GeForce RTX 2070
GPUTU116TU106TU106
CUDA数1,5361,9202,304
VRAM6GB GDDR66GB GDDR68GB GDDR6
メモリバス192bit192bit256bit

RTX 2060からRTコアを無効化しただけ、といったわけではなく、CUDA数は2割減となっており、50番台(まだ何の情報も出ていませんが)とRTX 2060の間くらいになりそうなスペックです。

気になるのはこのネーミング。これまでのGeForceシリーズとは異なったネーミング規則をしており、なんともいえないむず痒さを感じます。正直なところ 「NVIDIAがこんなネーミングをするかな」 といった疑問が残ります。

この話が本当かどうかはまだわかりませんが、本当であるなら、RTコア無効化にCUDA数2割減でRTX 2060より低い価格設定になることは間違いないでしょう。一般向けに手が出しやすい、真のミドルレンジな価格帯での登場を期待したいですね。

2019/2/23追記
GTX 1660 Tiの各種ベンチマークが公開されました。詳細は下記の記事をご覧くださいませ。